2005年05月22日

洗ったジーパン

050522.jpgこれが昨日洗ったジーパンである。 
これらのヴィンテージ風ジーンズは昔のスタイルを丁寧に復刻している。以下、紹介していこう。 
 
ボタンはドーナツ型でゴツい。だいたい僕はジッパーが嫌いだ。もちろん挟んだ経験上だ。 
 
生地のデニムは今のような肌触りのいいものではなく、固くてゴワつく。洗ううちに右モモあたりが内側にねじれてくる。画像では分かりづらいが、モモあたりに出る「ヒゲ」という皺の色落ちがマニアにとってはたまらない。 
 
裾を裏返すと、生地縫い合わせたところに、赤線が2本入っている。画像でいうと、裏返した裾の白い部分に入っている。 
 
僕らのような旧人類はどうしても裾を詰めなきゃいけないのだが、通常のミシンで縫うと、裾の縫い目が画像のようにならない。これは特殊なミシンで裏側をチェーンステッチで縫わなければならないのだ


posted by 山崎達璽 at 00:00| 蒐集癖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。