2005年06月30日

『砂の器』デジタルリマスター版

この映画が公開されたのは、僕が生まれた1974(昭和49)年だ。僕はこの映画を観るために生まれてきたのかもしれない。 
 
松竹マークが映し出され、映画が始まる。始まってすぐに気付く。なんだこの映画の厚みは。丹波さんが駅前の定食屋で食べてる安っぽいご飯すらもとても美味しそうに見える。すべてに魂がこもっている。うん? そんな言葉でいいのか。とにかく始まってすぐに感じる映画の完成度の高さには度肝を抜かれる。同時に、僕が大学時代に習った先生(川又昂キャメラマンら)は松竹の出身の方が多かったのもあるのだろう、作品の雰囲気がとても心地よい。スッと物語に入っていける。その後のあまりにも有名な展開についてはここに記すまでもないだろう。 
 
思うに、文明は時の流れに比例して進化していく。しかし文化は必ずしもそうではないのだ。芸術においては刀と陶芸と人形はすでに完成されたものだと言われる。映画についてもそうなのかもしれない。もちろん、メカニカルな部分では進化はするだろう。しかし監督による演出については、もう充分に完成されていると思えてならないのである。 
『砂の器』を観終えて、一瞬だけ、もう監督を続けていくのが嫌になった。これを超える映画ができるのだろうか……。そうだ、僕は「女性を描く」ことにはちょっとだけ自信がある(かな)。この点だけだったら、少しは張り合えるかもしれない。主人公の浮気相手の高木理恵子(島田陽子)の描き方だけはどうにも安直だったので
posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

どうでもいい映画を2本

どうにも煮詰まってきたので、どうでもいい映画を2本観てきた。 
 
まずは『THE RING 2』。僕は一連のこのシリーズのファンだ。呪いとか怨念とか、そういう日本の土俗的な恐怖を科学的に展開させるという意図がとてもいい。傑作は中田秀夫監督の日本版『リング』だろう。ラストのテレビ画面から貞子が出てくる描写なんて、その後のホラー映画の幽霊描写に決定的な影響を与えている。 
さて、このハリウッド版だが、前作『THE RING』は、日本版をなぞってはいるものの全然良くなかった。そして2だが、まったくダメ。ひどい駄作。巨乳ギャルもお色気シーンもなく、これじゃあ3流ホラー以下だ。呪いのビデオはオープニングで申し訳程度に出てくるだけ。夢の中だけはサマラに襲われないと、まるで逆『エルム街の悪夢』状態だ。土俗的な恐怖と理論的解決がまったくなされていない。恐怖描写も食傷気味だ。中田さん、良くこんな仕事したよな。 
 
次に『電車男』。意外に泣けると話題だが……。僕は全然だった。すさんでいるのかな。確かに企画はいい。中谷美紀や木村多江もいい味を出していてとってもいい。脚本もまずまず。 
じゃあ何がダメ? それは即席感が否めないことだ。とにかく完成を急いでいる。もっと面白い見せ方があったんじゃないか。まあそれは言い出したらキリがないが……。アフレコがよくない。もっと時間掛けないと、同録との落差が激しい。24Pからのキネコorフィルム・レコーディングももっとちゃんとカラーコレクトしないと。ネオンの滲みがひどい。小道具だって即席。試供品で配っている『メンズ・ウォーター』はもっとしっかり作り込まないと。いい企画なんだから、もっとじっくり作るべきだと思うのだが。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

楽しいことからやる

ここんとこ新作が行き詰まっていた。脚本を改訂するより、まずは監督のビジョンを固めなければならない。しかし、こういうのは出ないときはどこを叩いても出ない。 
脚本の酒井君が言った。「どうせやらなきゃいけないんだから、楽しいことからやってください」と。 
僕は映画の道に入らなければ歴史学者になりたかった人間だ。ならば時代考証を始めよう。と、周囲の志高き人たちにも手伝ってもらって、楽しいことを始めた。 
確かに。やはり、酒井の読みは当たった、なんかうっすらビジョンが見えてきたかも。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

『近代能楽集 卒塔婆小町・弱法師』

蜷川幸雄演出による『近代能楽集 卒塔婆小町・弱法師』を観た。
三島先生が“近代”と銘打っているように、これは能の舞台を再現したものではない。能の精神を持って展開される現代劇である(じっさいにはちょっと昔だが)。 
僕は能楽師の友人がいても、正直なところ、能には暗い。大学院の時に受講していた堂本正樹先生の講義の記憶が唯一の頼りだ。「かつて美しかったことを語る」と言うテーマがあった。堂本先生が話されていたそれがとても印象的で、今回は一番目の『卒塔婆小町』がズバリそれであった。 
だから藤原竜也と夏木マリの出演で注目度が高い『弱法師』より、『卒塔婆小町』の方が内容やテーマ性に入りやすかった。壤晴彦演じる老婆はまさに圧巻。 
 
二番目の『弱法師』であるが、僕はどうにもイライラばかりが募ってしまったのだ。 
と言うのも、この日は平日の昼間で、客層は90%が20-30代女性だった。聞こえてくる会話から、彼女たちは明らかに藤原竜也目当てだった。芸能だし、それが悪いとは言わないが、お目当ての出ない『卒塔婆小町』の上演中に、彼女たちは居眠りをしたりお喋りをしていた。全くの興醒めであった。そして二番目の『弱法師』の幕が上がり、藤原竜也が登場すると雰囲気が一変。黄色い声が上がりざわつく。が、独白が延々と続くとまた居眠りが始まる。そして、クライマックスで、彼が上半身裸になって汗だくで叫び始めると、いよいよ彼女たちは興奮し始め、カーテンコールではスタンディング・オヴェーションになったのだ。僕はこれが耐えられなかった。大好きな三島文学に、世界の蜷川の演出を楽しみに足を運んだのに……。 
そこで僕が思った。この女性客の興奮するきっかけとなる、藤原竜也の裸と汗は必要なのかと。それは観客の注意を惹き付けるための過剰演出ではないのかと、どうも得心がいかないのである。 
能は削ぎ落としの美学である。『卒塔婆小町』はまさにその精神で演出されていたからこそ、とても深い感動に浸った。しかしどうもこの藤原竜也の裸と汗、この一点だけがそれに反しているように思えてならなかったのである。そしてそれが強烈に印象に残ってしまった。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 観劇記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

いつかは

よく陸上競技なんかの世界記録が更新されたというニュースを見る。どんどん速くなっていると言うことは、いつかは0になってしまうんじゃないだろうか。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

雲の上の人

050614.jpg今日、とある仕事場で美術監督の出川三男さんにお会いした。出川さんは山田組の重鎮で、『男はつらいよ』『学校』シリーズから『たそがれ清兵衛』などなど、手掛けられた仕事の数々たるや……。僕にとっては、まさに雲の上の人である。そんな出川さんでは、とても優しい人だ。物腰はとても柔らかで、当然知識は豊富。話していて豊かな気持ちになってくる。そして僕の日本映画に対する劇愛を受け止めてもらえた。一流の人に出会えたとき、人生ってなんて素晴らしいんだろうって感じる。 
 
画像は今日の僕の眉毛だ。忙しいとボーボーになる
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

ネタがない

最近ネタがないです。すみません。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

コレクター魂

050609.jpg連休に美輪明宏の舞台『黒蜥蜴』を観た。三島由紀夫よる原作戯曲がどうしても読みたくて、ようやく入手した(左は江戸川乱歩の原作小説)。1,500部の限定版で入手はやや困難。と、聞いたら最後、僕のコレクター魂に火が点いてしまった。昨日、ようやく届いた。満足満足。

posted by 山崎達璽 at 00:00| 蒐集癖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

毬谷さんのライヴ

050608.jpg昨日、1年ぶりの毬谷さんのライヴに行った。高音・低音も聴かせてくれます。素晴らしかった。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

順調なことほど怖いものはない

今日は久々に脚本の酒井に会う。連ドラを2本抱えて、僕らの新作も棚上げになっていたが、ようやくゴールが見えたそうだ。酒井がいっぱいいっぱいで第四稿が上がらない状態だったことも含め、このところ閉塞感が漂っていた。でも、考えてみると、何も悪化していないのだ。ただ停滞しているだけ。スタッフ・キャストの中で僕が今一番暇だ。だから焦ってしまうのだ。小規模なだけに、いろいろな動きが手の届くところにあって見えて来ちゃう。だから心配が止まらないのだ。 
 
酒井曰く「順調なことほど怖いものはない」と。 
 
なるほど。その通り。これは名言だ。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

『オペレッタ狸御殿』

待望の『オペレッタ狸御殿』を観た。見事に期待を裏切る面白くもなんともない作品だった。僕は往年の狸御殿ものの痛快さとバカバカしさが好きで何本か観ている。そりゃチャン・ツィイーが出てるなんて期待するよ。 
とにかくテンポが悪い。歌と踊りでノッてくると、ブッタ切って、延々とサイレントの画が続く。確かに清順らしいが、これじゃあまったくリズムに乗れない。ところどころ眠くなる。 
確かに監督のネーム・ヴァリューは重要だが、なんかもったいない。もったいない。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

クール・ビズ

さっきテレビを観ていたら、小泉さんやら他の閣僚たちが軽装で映っていた。地球温暖化防止対策として「夏のビジネス軽装(クール・ビズ)」が始動したそうだ。これには僕は大賛成だ。日本の夏は亜熱帯に属していて、元来スーツにネクタイは無理があるのだ。それを明治維新の時に欧米化という近代の波に合い、無理矢理ヨーロッパ・スタイルを導入してしまったのだ。たまに大企業に行くと「弊社は省エネ対策として社員は軽装にしております」などという貼り紙がしてあるのを見たことがある。 
僕もそろそろ軽装だろうか。ドラゴンズも復調の兆しがあるし、昨年のように短パンにドラゴンズTシャツか。まもなく31歳。スーツ知らずです。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。