2005年06月03日

順調なことほど怖いものはない

今日は久々に脚本の酒井に会う。連ドラを2本抱えて、僕らの新作も棚上げになっていたが、ようやくゴールが見えたそうだ。酒井がいっぱいいっぱいで第四稿が上がらない状態だったことも含め、このところ閉塞感が漂っていた。でも、考えてみると、何も悪化していないのだ。ただ停滞しているだけ。スタッフ・キャストの中で僕が今一番暇だ。だから焦ってしまうのだ。小規模なだけに、いろいろな動きが手の届くところにあって見えて来ちゃう。だから心配が止まらないのだ。 
 
酒井曰く「順調なことほど怖いものはない」と。 
 
なるほど。その通り。これは名言だ。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。