2005年10月31日

『蝉しぐれ』の愛し方

昨日、お台場シネマメディアージュで再び『蝉しぐれ』を観た。これで映画の愛し方が6まで行った訳だ。次はDVDが発売されるまで、なかなかこの作品について語る機会はなさそうなので、最後にこれには感服した!と言うところについて書いてみたい。 
 
ラストの文四郎がおふくに会いに行くところである。おふくが万感の思いを託して書いた文四郎への手紙の描写。 
 
原作では以下のようにある。 
「……このたび白蓮院の尼になると心を決め、この秋に髪をおろすことにした。しかしながら今生に残るいささかの未練に動かされて、あなたさまにお目にかかる折りもがなと、箕浦まで来ている。お目にかかればこの上の喜びはないが、無理にとねがうものではない。万一の幸運をたのんでこの手紙をとどけさせると文言は閉じられ、文四郎様まいると書いてあった。……」 
つまり文四郎視点で手紙の内容が要約されている。 
 
映画では、以下のようにおふくのナレーションが入る。 
「一筆申し上げ候。私、この秋白蓮院に入り尼に成ることと相決め申し候。さりながら、今生の未練と存じ候へども、貴方さまに一度お会ひ致したく本日箕浦にまかり越し候。もしお目もじかなひ候はば、無上の喜びにて候へども決して無理申す儀にてはこれなく候。万が一つの幸ひを頼みに、この文参らせ候。ふく。文四郎さままゐる」 
 
この映画としての脚色は実に見事ではないか。要約として書かれた手紙を“復元”しているわけだが、なかなかここまでの名文は書けまい。感服しました。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

『夢の仲蔵千本桜』

今日は日生劇場に幸四郎・染五郎親子の『夢の仲蔵千本桜』を観に行く。日生劇場は初めてだったが、2階席の後ろの方でも観やすく(花道の半分が観える)、また係員の対応が大変丁寧で良かった。 
 
さて中身だが、これが実にマニアックで面白い。歌舞伎の三大名作の一つである『義経千本桜』とそのバックステージが同時進行するのだが、劇中劇の絡み方が巧み。僕は『義経千本桜』はかなり観ているし、ずっと研究している。その上で、これはすごいとうなってしまうのだから、そのマニアックぷりと来たら。もちろん『千本桜』を知らなくても楽しめるのだが、知ってれば知っているほど面白さは増す。 
惜しむらくは、最後の場面で、幸四郎演じる「中村仲蔵演じる平知盛」が背ギバを見せて欲しかった。岩まで上がって見得だけじゃ寂しい。期待していたのに……。 
 
途中地震があった。片岡秀太郎さんが「自身(=地震)たっぷりで」と捨て台詞(アドリブのこと。本来はこちらの意味)を。余裕たっぷり。流石である。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 観劇記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

信念を貫く。

今日、小泉さんが靖國神社に参拝した。公式参拝なのか私的な参拝なのか、マスコミはこぞってこれを話題にするが、そもそも信教の自由が憲法で保障されている日本で、公人も私人もあるのだろうか。 
僕は「二度と戦争を起こしてはならないという不戦の決意で祈った。今日の日本があるのは、心ならずも戦場で散られた皆さんのお陰だという気持ちだ」と言う小泉さんの信念に大いに賛同するし、何の疑念もない。他国がとやかく言うことではない。 
小泉さんは信念を貫く人だ。俗っぽい言い方だが格好いい。 
 
先週、郵政民営化法案が圧倒的賛成をもって可決された。あれだけ信念を持って反対して当選した議員たちが、賛成に転向したのは一体どういうことだろう。野田聖子氏が話題性ゆえに一番矢面に立たされているが、彼女だってテレビの前であれだけ反対を叫んだのに。公約違反以外の何者でもない。 
 
もちろん、それでも反対票を投じた人もいる。平沼赳夫氏だ。この人は信念を貫いた。さすが(戦後60年、A級戦犯の汚名を着せされたままの)平沼騏一郎元首相、最後の将軍・徳川慶喜公の子孫だ
posted by 山崎達璽 at 00:00| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

愛し方

051015.jpg映画館で「これは素晴らしい!」と思った映画の愛し方の例。 
 
1.サントラを入手。 
2.イメージ・ソングもしくはテーマ・ソングを入手。 
3.まとめてiPod shuffleに入れる。 
4.原作本や解説本などの関連書籍を入手。 
5.音楽を聴きながら読む。 
6.再度劇場で映画を観る。 
7.DVDを買う。 
 
『蝉しぐれ』は5まで行った。今日は時間を見つけては藤沢周平氏の原作小説を読んでいる。 
恥ずかしながら藤沢氏の作品を読むのは初めてだ。というか、僕は小説を読むのがあまり好きではない。なんだか描写がいちいち間怠っこしくて。 
しかしながらこの藤沢氏の作品はとても読みやすい。首尾一貫クールに描いているのだ。時に冷酷なのだが、だからこそこの作品の根底に流れる「気高さ」がひしひしと伝わってくる。 
人間の気高さを歌い上げるのは大変である。恥ずかしいし、勇気が要る。人間は弱いものだがら、どうしてもダメな部分ばかり描こうとしてしまいがちである。 
時にこうやって人間の崇高さを描き上げる作品に出会えることはなんと素晴らしいことなんだろう。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 蒐集癖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

『蝉しぐれ』

051013.jpgあまりに良かったので、まだまだ語りたい。 
 
黒土監督が何年もやりたいって持って回り続けた企画だという。数年前にも知人からそんな話を聞いたことがあった。執念の人だと。 
どうしてもこの映画がやりたいという思いはスタッフに通じ、ちょろっとずつ出演する大物俳優たちに通じ、そしてこんな名作に見事に結実したわけだ。 
 
公式サイトに、一青窈が「正しく生きることはむつかしい。しかし、ここにはその正しさが何よりも尊いのだと……」というメッセージを寄せていた。 
 
自分が正しいと思うことを貫くのは辛い。が、いつか結実させて見せましょう。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

執念の一作

『蝉しぐれ』を観た。いやー実に素晴らしい映画だった。同じ藤沢周平原作でも、『たそがれ清兵衛』とはまた違った趣だ(違う監督の映画だし、引き合いに出すのもいかがと思うが)。知人から黒土監督の話は聞いていたのだが、これはまさに執念の一作だと言っていい。奇をてらわない演出で2時間をしっかり見せてくれた。何度も涙が出た。いい時間だった。 
本編では流れないが一青窈の『かざぐるま』もまたよし。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

楽しきかな。

051010.jpg資料に埋もれての時代考証はたまりません。

posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

フル? フリ?

テレビを観ていて思ったのだが、「フリチン」と「フルチン」は同じことを指すのだろうか?  
 
僕はフリチン派なのだが、つまり男性の下半身が露出されている状態を指して言っている。しかし、どうも同じ意味でフルチンも使われているような気がするのだ。 
 
フリチンは「振り」チンだろう。フルチンは「full」チンであろうか。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

Jazztronikのライヴ

野崎クン直々にご招待いただいて、『CANNIBAL ROCK』レコ発ライヴに行った。いやー、3時間たっぷり堪能させてもらいました。最高のライヴだった。彼のステージは間違いなく進化している。 
 
僕は音楽については知識が乏しいので詳しいことは分からないが、彼の音楽は実に幅が広い。引き出しが無数にあると言っていいのかもしれない。しかもそのどれもが一級品だ。 
 
それ故にかもしれないが、いつだか彼のサイトのBBSで「Jazztronikっぽい」って何かというのが話題になっていた。その時は僕も考えた。彼とは長いつきあいだし、アルバムは全部持っていても、Jazztronikっぽさって何だろうか? 
 
この日のライヴを見終わって、ちょっとだけ分かった気がした。 
 
Jazztronikっぽさとは品の良さだと思う。彼の音楽は当然そうだし、トークなんかのライヴ・パフォーマンスも、彼の人となりも全部どことなく品がいいのだ。それが敷居の高い近寄りがたい気高さとは違う、どこが親近感がある品の良さなのだ。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

たまには日記風に。

親友とランチをした。長いつきあいの彼女には人間的に全幅の信頼があるので、政治論から恋愛話、下ネタまで何でも包み隠さず話せる。 
さて、今日は会って一言目に「お財布を忘れちゃって、お金を貸してくれない?」と言われた。財布を忘れたのは事実でしょう。困ったときはお互い様、そりゃ喜んで貸しますとも。 
「いくら?」 
「いくら持ってる?」 
「2万はないかな」 
「じゃあ1万5千円貸して」 
「何にするの」 
「デート」 
「デート?」 
……どうやら今日のデートは本命でも何でもないらしく、もしおごってもらうといろいろ駆け引きが起こってしまうとか。“今日が勝負”なら分からんでもないよ。まあいいよ。貸しましたよ、1万円。 
 
それからかるーく仕事をして、人を待って、その後、久々に渋谷の「東あほぼん寺」で終電までかるーく飲んだ。 
 
地上に出ると、野崎クンからメールが。「金曜日(のレコ発ライヴ)もし来るんだったらゲスト(の予約)とるよ」と。本当に彼の細やかな気遣いには頭が下がる。ありがとう。もちろん行きますよ! ずっと楽しみにしてました。 
 
終電で大船に着いたのが0:40くらい。小雨の夜道を20分弱歩く。たいぶ涼しくなったなあ。何だか気持ちがいい。 
 
帰宅したら先日の人間ドックの結果が来てた。オールAで異常なし。あー良かった。昨年は良性だが胃にポリープが出来ていたので。 
 
楽しい一日だった。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

通年性

やっと風邪が治った。 
 
9/20(火)にオール(昨今徹夜のことをそう呼ぶ)して以来、久々にダウンしてしまった。医者に行ったら、「のど風邪とアレルギー性鼻炎を併発している」言われた。僕は元来アレルギー持ちだ。春先だけかと思ったら、この季節もだ。風邪はアレルギー症状を誘発するとか。思えば、年中のどがいがらっぽい。つまり通年性のアレルギー症状なのだろう。こちらもだいぶ治まった。やれやれ。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

最近観た映画を2本

『チャーリーとチョコレート工場』 
ウンパ・ルンパは発想としては『真夜中の弥次さん喜多さん』の荒川良々だ。 
 
『タッチ』 
僕は漫画が読めない男なので、アニメしか観ていないので少々心配だったが、期待通りの秀作であった。キスシーンにこんなにドキドキしてしまう映画なんて久々だ。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。