2006年01月11日

戸部先生の訃報に接して

戸部先生の訃報に接して、今日はちょっと気を落としていた。 
そんなときに、大学院当時一緒に戸部ゼミを受講していた友人から連絡があった。昨日僕の方が電話に出られなくて、今日話すことになったのだが、その時は戸部先生のことで連絡をしたわけではなかった。 
一通り仕事の話を終えて、お互いいつ言い出そうかタイミングを見計らってたかのように、「戸部先生が亡くなったね……」と。 
大学時代、「歌舞伎・舞踊研究会」で親しくしていた彼は、今や立派な狂言作者「竹柴潤一」である。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。