2006年01月27日

現住所確認

060127.jpgSHIBUYA TSUTAYAの会員証の有効期限がずいぶん前に切れていたので、今日改めて入会手続きをした。 
身分証明書をと言われたので保険証(東京芸能人国民健康保険組合と銘打ってある)を見せた。「保険証ですと現住所確認の補完のために、公共料金の領収証などをご提示下さい」と言われた。何も持っていないので日本映画監督協会の会員証を見せた。顔写真は入っているし、もちろん現住所確認もできる。何か文句あるかと言わんばかりの顔で見せたのだが、店員は首を傾げ、「これは……」と閉口してしまった。やはり……。 
以前、ある銀行で新規口座を開こうとして、これを見せたら、「会員証では困ります」と言われて喧嘩したことがあった。 
こうなったら意地で、「何がダメなんでしょうか?」とごねた。「ご身分を証明されていることは分かりますが、現住所が……」と、彼女も頑張った。が、それでも僕は譲らない。「上の者に聞いてまいります。が、おそらく無理かと……」「はあ」 
しばらくして彼女が帰ってきた。「でしたら、次回ご利用の際に現住所確認書類をご提示いただけますか」なるほど、これが落としどころか。僕があまりにごねるので彼女は泣きそうになってしまっていて、可哀相になってきてしまい、僕は「わかりました。すみませんが、それでお願いできますか」と笑顔で返した。「はい」と彼女は安堵の笑みを浮かべた。 
 
それから思ったのだが、僕の作品のDVDがレンタル・コーナーにあるので、それを持ってきて「これ僕のなんですけど」と言えば良かったかなあ。 
 
いやいや原チャリでも免許を取ればすべてが解決だ!! 
 
ちなみに借りたCDは『男たちの大和/YAMATO』のサントラと『越路吹雪ベスト30』。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。