2006年10月31日

まさにスローライフだ。

061031.jpg静岡の大井川鉄道に乗った。約80分かけて金谷―千頭間をSLで行く。高いお金を払って、不便で時間の掛かることをする。そこで感じる至福の時。まさにスローライフだ。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

ありがとう。

日本ハムファイターズ、日本一おめでとう。圧倒的に強かった。それがすべてだ。我が中日ドラゴンズ、一年間、夢と勇気をありがとう。心から感謝します。 
 
1988(昭和63)年の日本シリーズ(西武)、1994(平成6)年の10.8決戦(読売)、1999(平成11)年の日本シリーズ(ダイエー)、2004(平成16)年の日本シリーズ(西武)、そして今日……いつも大一番に弱い我が中日ドラゴンズ。それでもボクは好きです。これからも応援し続けます。夢と勇気をありがとう。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

ハゲに弱い

我がドラゴンズはハゲに弱いようだ。一昨年は西武の和田、今年は森本にセギノール。 
 
今日は『ワールド・トレード・センター』と『地下鉄(メトロ)に乗って』を観たのだが、感想を書く元気もなし……。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

世の風潮

世の中は日本ハムを勝たせたいムードだ。ペナントレースで阪神が猛追を見せたときもそうだ。やはり阪神を勝たせたい風潮。なぜに世論はこんなにも名古屋人を嫌うか? 上京して12年、何度こんな場面に遭遇したか。世の中はみんな名古屋人が嫌いなんだ。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

岡本よ。

岡本よ、いい加減にしてくれ。毎年毎年、毎回毎回……。学習能力があるのかよ。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

日本シリーズ第1戦

初戦は我が中日ドラゴンズの勝利。このまま突っ走って欲しい! 
 
さて、このシリーズ、ボクは名古屋に帰省することはなく、ましてや札幌遠征することもなく、連日家でテレビ観戦するつもりだ。で、今日はやたらパチンコ屋のCMが流れた。ウルトラセブンと美空ひばりの機種のヤツだ。CMになるたびに2回以上繰り返される。これが気になって気になって。今年の日本シリーズは注目度が低くてスポンサーが付かなかったんだろうなあと思ってみたり……。いやいやいや、そう言えば2005(平成17)年の2月、今日先発したダルビッシュ小僧がパチンコ屋で喫煙してたのばばれて謹慎になったっけ。なるほどね。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

微妙な……

061017.jpg今日は横浜のシネコン「109シネマズ」に行った。初めて行ったのだが、うちからの全行程が1時間以内。ここはいい。シネコンと言えばお台場だったから、これからは通わせてもらいます。 
さて、今日は『フラガールズ』と『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』を観た。 
『フラガールズ』は予定調和ではあったが、なかなかの感動作。ボクは松雪泰子の大ファンなので、彼女がフラダンスをするだけで大満足。松雪、いいなあ〜。最高です。松雪のフラダンスという言葉だけでごちそうさまです。 
『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』が出色。福生というアメリカ臭い街の雰囲気が何とも言えずいい。高校時代に村上龍の『限りなく透明に近いブルー』を読んで、いろいろと思いを馳せたものだ。沢尻エリカは可愛いし、夏木マリの存在は圧巻。彼女は唯一無比だ。そして柳楽優弥クンが素晴らしい。彼は、(ボクが嫌いな言葉である)“微妙な”演技が出来る俳優だ。ボクの演出は俳優に1か0を要求する。二元論で演技指導をする。曖昧模糊なことは口にしない。曖昧模糊なこと、つまり微妙なことは演技者に任せてしまう。というか逃げてしまうのだ。柳楽クンはこの微妙なところが実にうまい。1でもなく0でもなく、何とも言えない、とにかく微妙としか言いようがない表情だったり間だったり。 
帰り道に思わず買ってしまった。滋養豊富・風味絶佳。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

節操なし

あれ? イトーヨーカドーが日本ハムの優勝記念セールをやってるよ〜。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

東京ドームのゴミ箱

061012.jpg涙の優勝から二日、いまだに興奮が冷めやらないし、嬉しくて嬉しくてたまらない。 
ここ数週間、竹馬の友と言うべき名古屋の友人たちと頻繁に連絡を取り合っている。日に何度もメールするし、電話もする。上京して十数年、こんなことは初めてだ。この間、10・8や99年と04年の優勝もあったのだが……。みなおっさんになったということか。 
 
さてスポーツ紙には載らないこぼれ話を。 
落合さん、はげたなぁ。現役の頃も結構薄くて、ポヤポヤにしてごまかしてたけど、さすがにもう隠せないなあ。神経すり減るんだろうなあ。 
そんな落合さんの現役のころに中日スポーツで読んだのだが、彼は試合の前後必ずベンチ前でグランドに一礼する。自分の仕事場に敬意を表するのだという。一昨日、一通りのセレモニーが終わってベンチに帰る選手全員がこれをやっていた。いいなあ、こういうの。 
最後に、なぜかイトーヨーカ堂が優勝セールをやっている。去年は阪神優勝セールをやってたし。節操がないなあ。大船に中日ファンなんていないだろ。いや待て待て、いたわ。一昨々日、神宮からの帰りに東海道線を下りたら、エスカレーター前方に立浪のユニフォームが。そして一昨日は与田のユニフォームがいたわ。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

野暮な球場

061011.jpg細木さん、言ったよね!小泉さん続投するとも言ったよね!! 
 
東京ドームは何かと放送がうるさい。ゲート前に並んでいるときにあんなに応援歌流さなくてもいいのに。各打者のテーマ曲も音量が過剰。球界の盟主ならラッキーセブンに横浜のようにビジターの応援歌を流すぐらいの粋さが欲しい。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

球史に残る優勝決定

061010.jpg今日はまさに球史に刻まれるであろう優勝決定の一戦であった。決勝のタイムリーを打った福留、だめ押しの満塁ホームランを打ったウッズもすごい。不甲斐ないエース川上に替わって試合を作った久本に、是非、殊勲賞をあげたい。 
 
ともあれ落合監督率いる中日ドラゴンズに心からの御礼を言いたい。夢をありがとう。 
また頑張ろうという勇気をもらいました。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

代打オレ

悪逆非道の北鮮が核実験を強行する中、神宮では我が中日ドラゴンズがヤクルトに圧勝した。マジックが2→1になる試合をスタンドで観戦したのは1988年のナゴヤ球場以来だ。明日はいよいよ胴上げだ。優勝を目の当たりにするのは1999年の神宮以来だ。 
 
9回裏1アウトで、古田が代打に立った。「代打オレ」だ。中日ファンからも盛大な拍手と声援が巻き起こる。味方が楽勝ムードはあるにせよ、これはすごいことだ。素晴らしい実績と人徳。こういう選手の存在を目撃し体感できることは我が人生の誇りだ。 
 
画像は落合信子夫人と福嗣君。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

粋な球場

中日のバッターがフライを上げる。横浜の選手が落下点に入る。ついつい「落として欲しい」と念じてしまうものだ。「落とせ!」と叫ぶファンがいる。ボクがナゴヤ球場に通っていた頃はそれが当たり前の光景だった。 
だが、ボクはどうもこの「落とせ」が好きじゃない。品がない。ニヤリとしてしまうような野次は大いに結構。でも、どうにもこの「落とせ」だけは不快なのだ。 
昨日の横浜スタジアム。やはりこの「落とせ」はチラホラ聞こえた。8回表、2アウト、ランナー1塁。森野はセンター方向にいい当たりをした。確実に長打となると思ったのだが、横浜の吉村はこれをキャッチ(結果、センターフライ)。まさに美技だ。当然レフトスタンドの中日ファンは一斉に溜息をついたのだが、直後に拍手が巻き起こったのだ。「敵ながら天晴れ」と言うヤツだ。一部のファンではない。中日ファンの拍手喝采を浴びながら、好プレーをした横浜の吉村がベンチに戻っていく。何とも清々しい光景だ。 
思えば横浜スタジアムは、ラッキーセブンの7回に、ビジターである中日の『燃えよドラゴンズ』をちゃんと放送してくれる。ボクが知る限りビジターのチームの応援歌を放送するのは横浜だけだ。 
さすがヨコハマ、粋な球場だ。
posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

テンガロンハット

061007.jpgまさかの逆転負け。横浜スタジアムは僕にとっても鬼門だ。明日阪神が負けない限り、僕は生で落合監督の胴上げは見られない……。 
 
3塁側内野スタンドのポール際にいた、ドラゴンズのテンガロンハットをかぶった女性。あなたが今日一番キュートでした。

posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

筑紫哲也アワー

お昼に有楽町で小口と会って神宮のチケットをもらう。 
そのまま『涙そうそう』を観る。何とも評価しがたい作品だった。平日だったので高齢者の観客が多く、その多くが中盤からずっと涙を流していた。 
 
さて、今日の『筑紫哲也NEWS23』。「がんを生きぬく」という特集、これは実に良かった。人生を考えさせられる良質なドキュメントだった。 
が、問題はその後だ。国会の代表質問のハイライト全部が確かな野党・共産党の質問に終始したのだ。内容は例によって「日の丸」と「靖国」への批判。それだけで次のニュースだ。 
小口からメールが来た。「ありえない」という件名ではじまり、「……こんなに志位委員長の顔見たのはじめてだよ」と。 
『筑紫哲也NEWS23』は偏向報道に満ちあふれている。詳細は文春新書の『天晴れ!筑紫哲也NEWS23』を参考にされたいのだが、常にこの番組は、ニッポンってなんてダメな国なんでしょうというネガティヴ・キャンペーンを繰り広げている。ボクのようなパトリオットには非常に面白くない番組なのだが、せめて公平な報道をして欲しいものだ。 
うーん、というより、もはやこの番組をまともに見てもらちがあかないのではと思う。『筑紫哲也アワーNEWS23』に変えたらどうでしょうか?
posted by 山崎達璽 at 00:00| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

決断

061002.jpg1999年に我が中日ドラゴンズが優勝したときは神宮球場のスタンドで観た。 
今年も是非優勝の瞬間に立ち会いたいと、毎日のように名古屋の友人たちとXデーの読みをしているのだが……なかなか読めない。 
もう火曜からの名古屋での広島四連戦はないだろう。そうなると土曜からの関東四連戦か。9の神宮ヤクルト戦は、小口に頼んでニッポン放送シートを入手してもらった。7と8の横浜と10の東京ドームをどうするか。悩みに悩んだ末、全部買ってしまった……

posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。