2006年10月08日

粋な球場

中日のバッターがフライを上げる。横浜の選手が落下点に入る。ついつい「落として欲しい」と念じてしまうものだ。「落とせ!」と叫ぶファンがいる。ボクがナゴヤ球場に通っていた頃はそれが当たり前の光景だった。 
だが、ボクはどうもこの「落とせ」が好きじゃない。品がない。ニヤリとしてしまうような野次は大いに結構。でも、どうにもこの「落とせ」だけは不快なのだ。 
昨日の横浜スタジアム。やはりこの「落とせ」はチラホラ聞こえた。8回表、2アウト、ランナー1塁。森野はセンター方向にいい当たりをした。確実に長打となると思ったのだが、横浜の吉村はこれをキャッチ(結果、センターフライ)。まさに美技だ。当然レフトスタンドの中日ファンは一斉に溜息をついたのだが、直後に拍手が巻き起こったのだ。「敵ながら天晴れ」と言うヤツだ。一部のファンではない。中日ファンの拍手喝采を浴びながら、好プレーをした横浜の吉村がベンチに戻っていく。何とも清々しい光景だ。 
思えば横浜スタジアムは、ラッキーセブンの7回に、ビジターである中日の『燃えよドラゴンズ』をちゃんと放送してくれる。ボクが知る限りビジターのチームの応援歌を放送するのは横浜だけだ。 
さすがヨコハマ、粋な球場だ。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。