2006年11月16日

『ただ、君を愛してる』

061116.jpgボクの山崎の「崎」は正しくは右側が「大」ではなく「立」の字だ。これは機種依存文字と言ってMacでは表示されないため、PCではやむを得なく「崎」を使う。宮崎駿や宮崎あおいもそうだ。 
さて、その宮崎あおい主演の『ただ、君を愛してる』を観た。映画『恋愛寫眞 Collage of Our Life』のアナザーストーリーだという。アナザーストーリーって何だ? 姉妹編? いや違うな。登場人物名とか設定が一緒で、ストーリーが似た感じで……まあ言葉悪いけど「亜流」かな。アナザーストーリーとやらを前面に謳うなら、里中静流のちょっとむかつく感じは広末涼子の方がはまり役であろう。 
あまり話題に上らないこの作品だが、ボクとしてはなかなかの出来とみた。奇をてらわない画作りが功を奏して、終始ゆったりと感情移入できる。キスシーンもベタベタな展開だけど、素晴らしいと思わせた。 
 
やっぱりニューヨークは素敵だ。画像は2003(平成15)年の7月に行ったときに、グラウンドゼロから撮った写真。 



posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。