2006年12月02日

星野よ、お前は許さない。

小口に「たつじの日記をまとめ読みしたよ〜」と言われた。「好き放題書けるのが羨ましい」と。うーん、これでもだいぶ我慢してるんだけどなあ。そもそもこれは日記ではなく、「雑記」なのだ。好きなとき、読者のことを意識せず、思うがままを適当に書く、言わば「備忘録」みたいなものだ。だからブログのように双方向にはしない。 
 
さて、今日も好き放題書いてみるか。 
 
星野仙一が北京五輪の代表監督をやるとか。 
ボクを含め、名古屋人及び名古屋に所縁がある人達はみな彼をを許さないだろう。体調が悪いと言って中日ドラゴンズの監督を辞任た直後に、サッチーが捕まった責任で辞めたノムさんの後を受けて阪神の監督になった。しかも優勝まで。ドラフトで、読売が指名すると言って裏切られ中日に入団した星野。現役時代はその反骨精神を読売戦にぶつけた。監督時代もそうだ。彼は男気あふれる“燃える男”として人気を博した(ボクは暑ッ苦しくてあまり好きではなかったが)。それが、阪神という人気と金に転んだ。大した知識もないのに、今や偉そうにニュースのコメンテーターを務める始末。愚の骨頂。節操なさ過ぎ。名古屋人及び名古屋に所縁がある人は未来永劫彼を許さない。 
 
そして、日ハムから読売に魂を売った小笠原、お前もか。この節操なしが! 広島に残留した黒田は言った。「僕が他球団のユニフォームを着て、広島市民球場でカープファン、カープの選手を相手にボールを投げるのが自分の中で想像がつかなかった」これが一流の選手、一流の人間としてあるべき姿ではないのか。 
 
ボクの周囲の読売ファンは死滅した。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。