2006年12月17日

フレア

ボクが高2の時、ブーツカットやベルボトムなどの“フレア・パンツ”が流行った。流行ったというか、厳密にはパンタロンのリバイバルである。 
当時、ボクの周辺ではスリム(しかもケミカル・ウォッシュ)が基本で、ストレートはバカにされる風潮があった。風潮とは言ってもボクはそれがださくて、一貫してリーバイスのストレートを履いていたのだが……。 
まあそれはいいとしても、とにかくそんな中でのフレア・パンツはとてつもなく新鮮だった。高2のボクは、とても気に入って、リーバイスのブーツカット(517)とかベルボトム(番号は忘れたがビッグベルというヤツ)なんかを買いあさった。 
その頃以来、フレアパンツは確固たる地位を築いて、今やケミカルのスリムなんて雑巾ぐらいの扱いであろう。ボクは大学2年ぐらいまで履いていたが、それ以降何となく履かなくなった。 
時は流れて、最近なぜか無性にフレアパンツが履きたくなった。10年振り、30歳を過ぎてしまったが、やっぱいいものはいい。なんてたって足の長さと身長をごまかせる。……ような気がするだけか。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。