2007年01月16日

上方の権太

「新春浅草歌舞伎」の第1部を観に行く。眼目は上方の型の『義経千本桜・すし屋』である。片岡仁左衛門さんの監修で、権太を片岡愛之助さんが勤める。僕は『すし屋』は何度も観ているのだが、上方の型は観たことがない。江戸の型はただひたすらに粋で、上方は野暮ったくだそうだ。 
愛之助さんが実に素晴らしい。終演後に楽屋でお会いしたのだが、にこやかに「アホでしょぅ」と。確かに、上方の権太はアホだ。でもだからこそ、泣かせるのだ。人間の情愛が深く深く伝わってくる。 
初芝居、大変結構な一幕を観せていただいた。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 観劇記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。