2007年03月19日

『叫』

『叫』を観る。 
久々に黒沢清作品をスクリーンで観たのだが、ボクはシネセゾン渋谷とは相性が悪くて、ろくな映画を観た記憶がない。 
予告編上映時にわすがな客電が点いていたが、これがスクリーンにも当たっているとはいかがなものか。そして本編もややピンが甘くて……。 
 
さて『叫』であるが、黒沢清独特の後味の悪さは相変わらずで、この点はスタイルを貫いていていい。ただどうも理にかなわなかったり説明不足のところが多々あり、少々パワーダウンを否めない。そして葉月里緒菜演じる赤い服の女の宙乗りはどうなんだろう。失笑が聞こえた。まあまあ、葉月だったら取り憑かれたいなあ。それで殺されたら男の本望かも。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。