2007年03月21日

『愛の流刑地』

ドラマ版を観た。言わんとしていることが分からんでもないのだが、どうもついていけない。『愛のコリーダ』にも通ずるところがあると思うのだが、あちらは時代劇、こちらは同時代。そのお生な感じが、ノレなくなっている原因なのかも知れない。しかしよくこんなお下劣な描写を地上波で流すよなあ……。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。