2007年05月30日

90年代に思いを馳せて

0530.jpg思い出の90年代に感謝の気持ちを込めて、ZARDのベスト盤を買おうとしたものの、どこも品切れ入荷待ち。 
とりあえず今日は先日の大黒摩季の続きを書こう。 
当初謎の存在と言われた大黒摩季だが、その事情やら最初のメディア出演やらは今やネットで調べればすぐにわかる。ただ僕が知る彼女の初登場のことはあまり知られていないようだ。 
それは1994年の1月。名古屋のCBCラジオか東海ラジオか、深夜番組で誰かレギュラーの代打で彼女が数週間担当することになったのだ。 
福山ばりの下ネタ全開。浪人生だった僕ははまりまくった。ラジオに投稿なんてめったにしない僕が手紙を出したぐらいである。 
彼女の番組が終わってしばらくして、こんなハガキをもらった。これはプレゼントではなく、彼女からの返信である。ドラゴンズの選手以外では、最初にもらった有名人のサインである(ちなみにドラゴンズで最初にもらったのは宮下と現・楽天の山崎)。 
偶然にもこの日付は、日芸の合格発表日だった。



posted by 山崎達璽 at 00:00| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。