2007年10月03日

かつら合わせ

原作にはないのだが、宮城野のいる女郎屋の女将という映画のオリジナル・キャラクターがある。まだ公式発表になっていないので名前は伏せるが、とっても味な女優さんがキャスティングされている。というか、よくぞ受けてくれました!と言う感じである。今日はこの方のかつら合わせがあった。終わってから、「お茶でもしましょう」と言われたものの、狛江の山田かつら周辺にはジョナサンぐらいしかない。「行きましょう」と言われ、助監督とプロデューサーとともに午後の閑散としたジョナサンに入った。 
 
……と、この話を覚えておいていただきたい。この方のお名前が公式発表になったときに、今日のこの光景がいかに凄いものであったか。乞うご期待!


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。