2007年10月28日

映像のヴィジョン

日本シリーズにことが気に掛かりながら……昨日今日とキャメラマンとこもってカット割りを考える。これは芝居をみせる映画だからどこまでも長回しに徹しようとの考えで一致。 
移動しない溝口流とでも言おうか。さらに劇映画では禁じ手といわれるキャメラ目線も堂々とやろうと。黒澤の『羅生門』みたいに独白が延々とあるのだが、確かあの作品ではわずかに目線を逸らしていたような気がする。まあ、これは落ち着いたら検証しよう。 
そんなこんなでキャメラマンとはいろいろ盛り上がる。ヴィジョンが見えてきた。 
おっ、ドラゴンズがリードしてる。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。