2008年01月05日

『鹿鳴館』

テレ朝の『鹿鳴館』を観る。後半やや息切れしたが頑張って作っていた。流暢な日本語を駆使した長台詞もなんとかこなせていた。この手のスペシャルドラマは金があるなあ。 
ところで、例によって「原作が好きなんだよねぇ」とかいう話がチラホラ……こういう原作と比しての良しやしは、そもそも書物と映像はまったく別なるもので、まったくもって当を得ない、最も忌避すべき論議である。原作モノの映像作品ですぐにそういう論議を始める人間とは話をする気にもなれない。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。