2008年02月07日

アフレコ

今日は朝からアフレコがあった。 
まずは絵草紙店の口上。これはずっと応援をしてくれている寺田農さんが(声の)特別出演してくれた。寺田さんには事前に仮編集を観てもらっていたので、即座に声のトーンやスピードを絶妙に映像に合わせてくれた。一発でOK。流石だ。 
続いておかよ役の佐津川愛美さん。全体の構成をみて、襖の向こう側から聞こえる一言が必要と判断。これをオンリーと呼ぶのだが、まずはそれから。前後の演技を観てもらって何度もテストする。3カ月も経つので不安がっていたが、録音ブースの彼女はすっかりおかよに戻っていた。流石だ。続いてセリフの中でイントネーションが気になる部分を録り直す。僕の映画は1カットが非常に長いので、後で見直すと、例えば「だからきっと」のような一言だけが気になることが多々ある。これは前後に合わせるのが難しいはずだが……彼女はなんなく(←かどうかは分からないので、そこは彼女の公式ブログでチェックを!)こなしてしまった。 
 
あ〜しまった。佐津川さんに『蝉しぐれ』のDVDの特典ブックにサインをもらおうと思い続けているのに、今日も忘れてしまった。


posted by 山崎達璽 at 00:00| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。