2008年06月23日

『幻影師アイゼンハイム』

日比谷シャンテで『幻影師アイゼンハイム』を観る。なるほど、確かに衝撃のラストだ。途中の伏線にまんまと騙され、ラストはやられた〜という爽快感に包まれた。単純な僕はしてやられたが、勘のいい人は途中から伏線に気付いていたとか。それでも楽しめたということは映画としての出来が上等だということ。惜しむらくはかつて二人が恋に落ちたこと、今再開して焼け木杭に火が点いたことを印象づけるエピソードがなかったことかな。


posted by 山崎達璽 at 23:15| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。