2008年08月27日

再び『男はつらいよ』ニュープリント

再び東劇に『男はつらいよ』のニュープリント上映を観に行く。
まずは27作『浪花の恋の寅次郎』(81)。松坂慶子がどこまでも眩しい。ハッとさせられる表情が随所に。酔っぱらって寅さんの宿に上がり込むシーンはシリーズ屈指のエロス。寅さんと芦屋雁之助演じる宿屋の若旦那が、東京と大阪の男の恋愛論を語りながら歩くシーンも秀逸。二人の演技は当然のこと、構図もカット割りも絶妙のバランスである。
続いて29作『寅次郎あじさいの恋』(82)。こちらは正直、今ひとつ。それが狙いなのだろうが、マドンナのいしだあゆみがその華奢さと相まって暗すぎる。またストップモーションやスプラスティック・コメディばりのコマ落としなど、変な技巧に走ってしまっているのが残念。フラッシュカットでマドンナを回想させるあたりもとても安直(『武士の一分』でもこれをやってたなあ)。ただし陶芸家の大御所を演じる十三代目片岡仁左衛門が素晴らしい。これを堪能できるだけでも観る価値はある作品である。
posted by 山崎達璽 at 16:48| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

新派『紙屋治兵衛』

三越劇場の花形新派公演『紙屋治兵衛』を観に行く。愛之助さんを主演に迎えたこの舞台、初日から評判が上々である。
「近松浄瑠璃『心中天網島』より」と角書にあるように、近松戯曲をベースにしつつも北條秀司によるオリジナル新派作品である。これまで文楽、歌舞伎、映画、新劇とあらゆるヴァージョンで観てきた。結末の治兵衛と小春の心中までどうストーリーが展開していくのか、非常にドキドキしながら楽しんだ。この新派ヴァージョンはなかなかの傑作だと思う。そうだよなあ、男ってダメだよなとちょっと凹んでみたり。
終演後、愛之助さんの楽屋を訪ねる。難しかったのは関西弁だとか。新派は東京がホームグラウンド。名古屋出身の僕には関西らしさは充分出ていたと思ったのだが、大阪人に言わせると「どこか歯がゆい」らしい。
posted by 山崎達璽 at 23:26| 観劇記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

『男はつらいよ』ニュープリント

酒井君と東劇に『男はつらいよ』のニュープリント上映を観に行く。
僕らは大の寅さんフリークだ。DVDを全巻持っている僕も相当だと思うが、酒井君はもっとすごい。幼少の頃から両親と劇場で観続けていたとか。おぼろげな記憶は32作『口笛を吹く寅次郎』(83)、はっきりと覚えているのは37作『幸福の青い鳥』(86)からだと言う。
今回のリバイバル上映の眼目は、シリーズ屈指の名作と言われる17作『寅次郎夕焼け小焼け』(76)だ。僕は日本映画の傑作だとも思っている。そのニュープリントをスクリーンで観られるなんて至福だ。

まずは22作『噂の寅次郎』(78)から。マドンナの大原麗子が可愛い。小林麻央ちゃんを思わせる。いぶし銀の志村喬もまたいい。

ところでニュープリントの割には状態が今ひとつ。デジタル・リマスターではないのでネガのパラ・傷は致し方ないとしても、黒いゴミと傷はプリントについたものだろう。あと映写のピントも甘いなあ。

そして『寅次郎夕焼け小焼け』。テレビ・ビデオ・DVDで10回以上観ているがスクリーンでは初めて。さすが名作だ。マドンナの太地喜和子をはじめ、全キャスト・全スタッフのの息がバッチリ合ったんだろう。何もかもが素晴らしい。お客さんもこれが名作だと分かって観に来ているのだろう。笑いのツボが気持ち早間のように感じた。
posted by 山崎達璽 at 23:48| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

何が星野Japanだ!

野球の日本代表が散々だ。以前も書いたが、死ぬほどドラゴンズを愛していても僕はアンチ星野だ。現役時代は良く知らないが、監督としての彼には何の魅力も感じなかった。精神論ばかりが目立って暑ッ苦しい。体調不良を理由に監督を辞任しておきながら、阪神に呼ばれたらホイホイ行ってしまう節操のなさ。岡山出身で以降東京〜名古屋で人生を歩んだのに、なぜか最近では関西弁を交える奇天烈さ。あんな裏切り者に男気なんてあるの?
代表監督に星野を選んだ時点でもうお終いだった。長嶋・王氏のような人徳や神秘性は彼にはない。だったら有能なコーチを呼んで采配で勝負すべきたったはず。ただの仲良しの田渕と山本を連れてくるなんて公私混同も甚だしい。プロ野球界のゴロツキと言われてもしょうがないでしょう。カッコばかり付けてCMに出演しちゃったり、野球ファンをバカにするのもいい加減にしてくれ。
「金メダルしかいらない」と豪語したヤツは早く社会から消えてくれ。
posted by 山崎達璽 at 19:06| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

プリンタのインク

20080824080605.jpg金がないときに限ってプリンタのインクがなくなる。5000円近い出費は痛い。
posted by 山崎達璽 at 08:11| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

『ダークナイト』

バットマン・シリーズの最新作『ダークナイト』を観た。

このシリーズの第1作『バットマン』が公開されたのは1989(平成元)年冬。中学3年で受験勉強に苦しめられている時期だ。そうだ、忘れもしない。僕は好きだった女の子と観に行った。しかもクリスマスイヴに。結局は片想い。ちょっと素敵な思い出だ……。

だからと言う訳ではないが、以来このシリーズは観ていない。19年振りのバットマンだ。

うーん、悪くはない。悪くはないが凹む。人間ってここまで醜いかって部分をとことんえぐる。えぐる。そりゃ僕だって性悪説の方が真理だと思うけど、ここまでやらなくても……。最近の精神状態にはあんまり良くないなあ。
posted by 山崎達璽 at 23:05| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

『スカイ・クロラ』

渋谷東急で『スカイ・クロラ』を観る。これは傑作だった。16:30頃終わったのだが、いまだに余韻に浸っていたい。
非常に観念的で小難しい作品だと思う。強いて言えば『ブレードランナー』に近い。世界観がなかなかつかめなくて展開していくが、編集のリズムが僕の生理にぴったりで実に心地よく進んでいく。終盤で謎を台詞で一気に喋ってしまうのだが、これが案外スッと入ってくる。それがあまりに素晴らしくて涙が出てきた。
世界に誇るべき傑作の誕生だ。
posted by 山崎達璽 at 23:18| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

お腹がゆるくて

例の炭酸水療法も奏功せず、ここんとこゆる〜く下痢だ。あまりに治らないので医者に行ったら、ビオフェルミンを処方されただけ。この程度で2000円かよ。
しかし医者ってなんでこうも正露丸を毛嫌いするのだろう。
posted by 山崎達璽 at 23:57| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

そもそもデタラメ

案の定、北京オリンピック開会式のデタラメがバレてしまったようだ。マスコミはどちらもリアルタイムで胡散臭いと思わなかったのだろうか?
口パク少女は後からは指摘するまでもなく、これはそうせざるを得ないので勘弁を〜とみていた。
花火のCGは映像に携わってる人なら一目瞭然。大したクオリティではない。
そもそもが中共の国威発揚祭りなんだから、そこに信頼すべきことなんてあるはずがない。北朝鮮のマスゲームを手放しで喜んで感動する日本人がいるだろうか?
posted by 山崎達璽 at 22:16| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

軽い下痢の時

だいたい僕はお腹が弱い。よく下痢になる。ひどいのや突発性のはたまにだが、軽〜いのが続くことは日常に近い。重症のときは下痢止めを飲めばいいのだが、軽症だと便秘になってしまう。
こんなときどうするか?
僕は炭酸水を飲む。
いつだったか酒井君が仕入れてきた情報なのだが、彼は試したことがなく、さっそく僕が試みたところ効果覿面!
その理由はいまだ分からないのだが、以来軽い下痢の時は炭酸水を飲むことにしている。
僕が炭酸水を手にしていたらお腹が緩いと思って頂きたい。
posted by 山崎達璽 at 14:14| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

開会式

20080809100710.jpgシナ人はことあるごとにいちゃもんをつけて日の丸を燃やす。(曲がりなりにも)友好国の国旗に敬意を表せない民度の低さと品格のなさにはいつも唖然とさせられるのだが……。
なぜに我が国の選手団が赤旗を持って入場するのか!
posted by 山崎達璽 at 10:18| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

この国の首相

可愛い顔を見せておいてその実凶暴極まりないパンダ(シナそのもの)を「貸してやる」と言われてハシャぎ、胡錦濤に跪く。オリンピック開会式に呼ばれたらいそいそと出掛ける。しかしながら靖國の英霊に誠を尽くす気など毛頭ない。この国の首相はどこまで民族の誇りを傷つけるのか。
posted by 山崎達璽 at 18:15| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そらみたことか!

テレビを観てると北京オリンピックの話題ばかりで面白くない。無数に揺らめく赤旗を観てるとまさに虫唾が走る。ミサイルを配備してまでやる平和の祭典って、もはやお笑いだ。終わればすぐにシナは牙を剥くに決まってるんだから。
いやいや、毒餃子なんてそらみたことか! やっぱりシナ人の仕業じゃないか!!
双方ともに自国内で混入したものではないと主張していたが、我が国は第三者機関、シナは政府機関の捜査である。そんなバカな話があるか。
シナからの通知を受けながら公表しない福田内閣……。この国はアメリカだけでなくシナの属国にもなり果てたか。
posted by 山崎達璽 at 17:56| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

おめでたいこと

20080806000648.jpg我がドラゴンズにおめでたいことがあったとき、僕はスポーツ紙を買いにコンビニに走る。たいていは東京中日スポーツを1紙なのだが、優勝などの劇的なときは全紙買ってしまう。昨年はクライマックスシリーズ、日本シリーズと二度あった。今年は東京中日スポーツすら買っていなかったのだが、今日は一目散にコンビニに行って買いあさった。
posted by 山崎達璽 at 23:16| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝! 山本昌200勝

20080805091552.jpg昨夜、ついに山本昌が200勝を達成した。史上最年長42歳11カ月。ローテーションが確立した現代の野球においては最後の記録だろう。
マサの入団は1984(昭和59)年。僕が小学4年生の頃だ。自分の人生に当てはめて考えると、いかにそれが凄いか。改めて畏れ入る。
今日の産経新聞の見出しには「コツコツ四半世紀」とあった。コツコツと言う言葉が実にぴったりはまると思う。マサは闘志を剥き出しにするタイプではない。いつもにこやか。気さくな近所の兄ちゃんの体だ。
今朝は早くから名古屋の友人が限定版Tシャツを買いに並んでくれている。
posted by 山崎達璽 at 11:37| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

一青窈のコンサート(8月編)

NHKホールの一青窈のツアー・ファイナルを観に行く。
先月の横浜は1階の15列のやや下手寄りの良席だったが、今日は2階下手のほぼ最後列。表情はほとんど見えないが、ツアー・ファイナルに立ち会えることに心からの喜びを感じよう。曲目は前回の横浜と一緒。客席のノリは横浜の方が良かったかな。いや、あれは1階席だったからか。後半からは一気に盛り上がる。
MCもトピックスはだいたい一緒だったが、『ハナミズキ』のエピソードはちょっと違った。
結婚式に呼ばれてよく歌わされる。でも元々は世界平和を願う歌なんだけどねぇ〜と笑わせる。それでもいろんなふうに解釈してもらってみんなに歌ってもらえる幸せな歌だと。
デビュー前の彼女が9.11テロに強烈なショックを受け書いたのが『ハナミズキ』である。NYに住む友人とその恋人の無事と幸せを念じるところから始まって、世界中の憎しみの連鎖を断ち切ろうと平和を訴える。当初はもっと過激な歌詞だったとか。で、ここまでは有名な話で、以下が初耳。父を亡くした彼女が、母の日に花を摘んでプレゼントした。「お父さん」と呼べるかどうか分からないけど、母に新しい好きな人が出来て幸せになって欲しいと感じた。その時の思いと9.11に友人たちを祈念したそれが重なるとか。
終演後、外に出ると大粒の雨が降っていた。傘は持っていない。原宿に出た方が早いが、なんだかこの雨に当たりながら渋谷まで歩きたくなった。そんな心地よい気分だ。


posted by 山崎達璽 at 21:45| 一青窈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「さわり」の誤用

テレビを観ていたら、下らない若手芸人が「さわり」という言葉を思いっきり誤用していた。およそ笑いとはほど遠い芸の上に、日本語を誤用してるときたらとりつく島もない。
「さわり」とは、もともとは義太夫節の聞きどころ、聞かせどころ、すなわちサビを指す。そこからヤマ場や名場面、話の核心という意味に転じていった。しかしこのクソ芸人だけでなく、最近ではよく、イントロだったり話の導入部分を指して使っていることが多い。全く逆の意味だ。後者の方が一般化しているフシがあるので、前者の正しい意味で使おうとしても誤解を招くかもとついつい使用と控えてしまう。こうやって悠久の歴史がある日本語が廃れていくのだ。
posted by 山崎達璽 at 12:54| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

山本昌200勝王手

今日か明日の読売ジャイアンツ戦にいよいよ200勝に王手が掛かった山本昌が先発する。
が、僕にはいろいろ問題がある。
まず、昨シーズンからスカパーのプロ野球セットを契約していたのだが、今シーズンの不甲斐なさに先月末に解約してしまったのだ。今やその人気が凋落しきった読売ジャイアンツゆえ、ナゴヤドームの試合は関東では中継がない。
そして明日は一青窈のツアー・ファイナル。
さらに200勝記念Tシャツは限定300枚とか。
とか言ってるうちに先発の発表の時間だ。
posted by 山崎達璽 at 16:47| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。