2008年10月25日

『羅生門』デジタル完全版

黒澤明の名作『羅生門』のデジタル完全版を観に東京国際映画祭に行く。ものすごく期待をしていたものの、正直、大した感動がなかった……。『宮城野』を撮るに当たってのヒントがいっぱいあったので、ここ数年何度も観ているのが理由の一つだろう。それに『新・平家物語』でデジタル修復の素晴らしさを体感してしまっているので、今一つそこにも魅了されなかったのだろう。


posted by 山崎達璽 at 14:37| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。