2008年12月02日

『私は貝になりたい』

ようやく『私は貝になりたい』を観た。

ミーハーかもしれないが、僕は“大スターの出演映画”は結構好きだ。確かに演技がどうこうって問題もあるが、それよりも旬のきらめきは得難いものだ。ただ、それが“オレ様映画”になってしまうといかんともしがたい。スター様が脚本や演出に口を出し現場を仕切る……まあ、古今東西よくある話だ。
『私は貝になりたい』は中居クン主演の、まさに大スターの映画だ。だって丸刈りになるだけで充分な宣伝効果になったしまうんだから……。しかしながら、決してオレ様映画にはなっていなかった。序盤の演技は軽いなあと思うところもあったが、だんだんと熱が入り、終盤は鬼気迫るものがあった。食事制限をして精神的に追いつめられたとか。『宮城野』の時に毬谷さんも食事をほとんど取らないで現場に臨んでいたが、クランクアップの日に撮った処刑のシーンなんて鬼神の如き凄まじさであった。中居クンは新境地かもしれない。

わずかな出演ながら愛之助さんの日高大尉が素晴らしい。捕虜の処刑を直接命令して、その責任を取って自決する上官の役である。登場から尋常じゃない緊張感が漂っていた。一挙手一投足にしびれた。エンドロールが終わってすぐメールしてしまった。

さてさて、2時間を越す上映時間、ちょっと疲れた。展開の濃度を上げるためにフェイクの展開も多々あったが、「私は貝になりたい」とタイトルにもなっているし、処刑する結末が分かっているので少々辛い。
CGを多用してスケール感を出してみたり、紅葉や雪のロケーションをしてみたり……そして、例によって久石譲のオーバーな音楽。どれも無理矢理大作感を出しているようで奏功していない。

僕は東京裁判史観には絶対的に反対である。勝者が敗者を裁くなんておよそ裁判とは言えない。石坂浩二が誇り高く演じた矢野中将が処刑の間際にそこを声高に言う。市民に対して無差別に絨毯爆撃をしたアメリカの戦争責任はないのか!と。思わず拍手をしたくなった。


posted by 山崎達璽 at 15:36| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。