2008年12月24日

『あの戦争は何だったのか』に感動して

TBSの『あの戦争は何だったのか』を見終わって、感動と興奮に打ち震えている。あのTBSがよくぞやってくれた。世の中が一番賑々しくなるイヴの夜にこんな内容をオンエアするなんて、これは放送テロリズム以外の何物でもないだろう。
TBSがこの番組をやると聞いて、どうせ東京裁判史観に則って、やれ東條元首相が悪い、先帝陛下(昭和天皇)が悪いというまとめ方をするもんだと決めてかかっていた。あにはからんや。ドキュメンタリーもドラマも非常に冷徹に開戦までの数カ月を分析・再現している。東條? 軍部? 先帝陛下? マスコミ? 世論? アメリカ?……と、番組はその責任を一点に押しつけることはしない。こういうことを繰り返してはならないと言う未来志向である。マスメディアとしてはまさに健全な姿だ。東條英機元首相だって、戦後教育を受けてきた僕らに植え付けられた悪の権化のような描き方はしない。人間臭く、何に悩んだかを丹念にみせていく。
保守派の僕としてはもっと踏み込んでくれ〜とも思ったが、何と言ってもイヴのゴールデンに全国ネットでこれをやってくれたことに感謝感激だ。いわゆるA級戦犯とされる昭和殉難者への認識が大きく変わるかもしれない。

以上は信条としての感想。以下は映画監督としての感想。

ビートたけしが東條英機を演じると聞いて、大丈夫かと思った。いや、みんな、ハゲヅラ状態を想像するだろう。いやいやこれがどうして。確かに最初は違和感を感じたが、物語が進行していくうちにこれがしっくりなじんでくるのだ。ヅラがではない。たけしの東條が実にいいのだ。カリスマの役はカリスマしか演じられないと思った。昭和天皇の前で緊張のあまり声がうわずってしまうあたりなんてこの人以外に出来ないであろう。そして何と言っても野村萬斎の昭和天皇。『太陽』のイッセー尾形も良かったが、こちらもやはりカリスマによるカリスマだった。昭和天皇そのものであった。

これ、DVDが出たら買うなあ。


posted by 山崎達璽 at 23:55| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。