2009年03月24日

『ヤッターマン』

調子に乗って『ヤッターマン』を観てしまった。
作品の出来の良し悪しは別にして、生理的にリズムが合わない映画がある。例えば『真夜中の弥次さん喜多さん』や『舞妓Haaaan!!!』なんてそうだ。『ヤッターマン』もまさにそういう映画だった。冒頭の戦闘シーンでこれはダメだと感じ、結局そのまま終わってしまった。以前も書いたが、『K-20』なんかは冒頭で一気に引きつけられたおかげで、やや力業の展開があっても最後までどっぷりと浸れた。
僕の世代にとって『ヤッターマン』はアニメと言うよりテレビまんがだ。テレビまんがはテレビまんがのままがよかったのでは……と強く思ってしまった。

しかし福田沙紀ちゃんが可愛い。ちょっとゴツゴツっとした顔の造形がツボでした。


posted by 山崎達璽 at 21:57| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチローの精神力

天晴れ、WBC連覇だ。
しかしものすごいゲームだった。こんな興奮は、2006年10月10日の東京ドーム、延長12回の末、我がドラゴンズが憎き読売を破って眼前で優勝を決めたとき以来である。
試合終了からまもなく1時間だが、いまだに全身に鳥肌が立っている。
やっぱりイチローだよなぁと誰しもが思ったはず。今大会は明らかな不振。批判的な声は多々あった。その上に12回表2アウト、カウントは2ストライクという状況。あそこでタイムリーを打てるなんて宇宙的精神力にほかならない。もう神憑りだったもの。あの人はどこまで成長していくんだろう。
posted by 山崎達璽 at 15:30| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴンズは支えてます

今日は全ての予定からバックレてWBCの決勝を観ている。全然ここに書いてこなかったが、プロ野球ファンとして、パトリオットとして応援せずにはいられない。
北京五輪のときは首脳陣がイヤでイヤで負けちまえと思った。精神論だけで無駄にアツいカッコつけの大将。お友達を集めてカレーのCMにご機嫌で出演。球界のゴロツキにしか見えなかった。
しかし今回は違う。原監督は昔から顔が似てると言われてるので、憎き読売ながら親近感がある。(好きなネーミングではないが)侍のようにストイックに仕事をしている。記者会見での謙虚さ、敵チームや野球そのものに対する敬意の表し方は実に素晴らしい。
またコーチ陣がいい。高代、山田、与田。それにブルペン捕手の小山……あれ、みんな我がドラゴンズに浅からぬ縁がある人たちじゃないか。高代コーチはノックの技術力でメジャーからお声が掛かったとか。「高代メジャー入り」なんて東スポっぽいか。
稀代の名将・落合は選手を出さなかったが、我がドラゴンズは地味に代表を支えてます。
posted by 山崎達璽 at 11:33| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。