2009年04月04日

飲んだらお仕舞い

今日は夕方から花見があった。桜の下での宴会というのはあまり得意ではないのだが、これから長く深いつきあいになるであろう仲間からのお誘いということもあり、「乾杯だけ」のつもりで参加した。
例年花見は寒い。ことに夜桜ときたら夜風がズキズキくる。日頃から頻尿気味な僕はいつに増してトイレが恋しい。
しかし僕は酒に弱い。酒は好きな方だが酔いやすいし、飲んだら楽しくなっちゃって帰りたくなくなる。「乾杯だけ」で帰った試しはない。飲んだらお仕舞いだ。結局、次の打ち合わせに遅刻した。

桜の花は甚だしく短い。パッと咲いてパッと散る。春を告げるワクワク感もあれば一抹のもの悲しさも同居する。雨が降った翌朝、桜の木の下を歩くと得も言われぬ清々しさと、やはりまたどことないもの悲しさが漂う。


posted by 山崎達璽 at 23:48| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。