2009年06月26日

マイケル・ショック

朝食を食べていたらマイケル・ジャクソンが緊張入院したとのニュースが。そしてシャワーから出たら死亡したとのこと。今電車を待ちつつ、何か得体の知れないショックのただ中だ。
僕はマイケルのファンということではない。『スリラー』と『BAD』のCDを持っているのとディズニーランドで何度か『キャプテンEO』を観た程度だ。じゃあなぜにこんなに凹むのだろう。
『BAD』が発売されたのは1987年(昭和62)年。中学1年の頃だ。そして僕が初めて買ったCDだ。初めてのCD、初めての洋楽。それはそれは印象深い。
中1というのは大人の階段の第一歩のような気がする。音楽だけじゃなくて、本や雑誌、映画やドラマなんかもちょっと背伸びをして大人の真似事を始める。行動範囲は自転車圏内から地下鉄へ、初めての彼女(今思うとピュアの極み)が出来たり……歴史好きであり、検証好きであり、記念日好きである僕はついついこうしてメモリアルに浸ってしまう。
たぶんそんな大人の階段の起点がマイケルなんだと思う。だからショックのただ中に入ってしまったんだろう。ショックというかちょっと重度なセンチメンタルとでも言おうか。
今頃音楽ショップは追悼コーナーの準備に大慌てだろう。開店まで2時間を切った。


posted by 山崎達璽 at 08:18| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。