2009年07月14日

いよいよ衆院選へ

いよいよ世の中が衆院選モードだ。僕は自民党一家に育った。参議院自民党の有力議員の秘書を勤めた後、現在市議会議員となった弟を持つ身として今回も複雑だ。
現状をみる限りやはり積極的に自民を支持する気にはなれない。では民主か? というとそうもいかない。あそこはいまだ寄り合いから所帯から脱しきれず党是がブレすぎている。ことに外交と国防については正反対の意見が党内にあるぐらい。北朝鮮をのさばらせた旧社会党系議員を支持することなんて毛頭出来るはずがない。
となってくると、白票を投じるしかないのか……。どうせ自民は下野、民主政権が出来ても長くは続かず政界再編へ。ここで平沼先生あたりを代表にして自民と民主の保守派議員(端的に言うと靖国に公式参拝する先生方)が結集して新党を立ち上げてくれればいいのに……と思ってみたり。

しかし麻生さんはそんなにダメだっただろうか。この難局の中でのらりくらりと頑張った方ではないか。僕の中ではなんとなく憎めない。あれだけ熱狂的に支持された小泉さんだって、時が経つにつれて功罪の両面を語られるようになり、今や罪の方がクローズアップされてるではないか。だから後世、というほどの未来ではないだろうが、近い将来に歴史的に好評価されるかもしれない。

産経新聞は、小泉後の安倍・福田・麻生がなぜダメかについてを靖国に参拝してないからと断じていた。そこまで言うかと思ったら、要は政治信念へのブレを一番端的に示しているとか。なるほど。


posted by 山崎達璽 at 08:32| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。