2009年11月28日

上映終了

エンドロールが始まる。会場は盛大な拍手に包まれた。帰った観客はいない。
受け入れられた……そう思った瞬間だった。
1000年近い歴史あるカトリックの教会で日本の時代劇が上映される。それは計算されたかのような113分間の美しい時空だった。
イタリア人はエンドロールを見届ける習慣がないようで、せっかくの野崎君の名曲がざわつきにかき消されてしまったのが残念!
エンドロールが終わって再び舞台に上がる。それでもまだ100人近くの観客は残っている。
今度は池谷さんにも登壇してもらう。

2009-11-28 (136).JPG次に『となりのトトロ』の上映を控えているのでほんの短時間だが、ティーチインが始まる。
「黒衣には仏教的意味合いがあるのか?」
「ラストショットに役者絵の『宮城野』が映し出されたが、劇中の美人絵の『宮城野』とはどうつながるのか?」
質問は深い。これらはしっかりと内容を理解していなければ出てこない質問だ。翻訳が的確だったに違いない……。
花束を受け取り舞台を降りる。

これで『宮城野』の初イタリア・ヨーロッパ・海外上映が終わった。300人以上の観客が誰も帰らなかった。しかも深い理解を得られた。出品者としてこれ以上の幸せはない。
非常にフランクで感情を顕わにするのがイタリア人と思っていたが、フィレンツェ市民はそうでもないらしい。これはいくつかのプレ・イヴェントを通じて僕も実感した。それは京都人のような雰囲気かもしれないが、古都ゆえの奥ゆかしさと保守性、それに深い審美眼を持ち合わせていてるのがフィレンツェ市民である。そんな彼らに『宮城野』が受け入れられたのは、こんな幸せはない。

2009-11-28 (187).JPG映画が始まってすぐ、『宮城野』というメインタイトルがスクリーンめいっぱいに映し出された。正直、監督として涙が出た。ちょろっとだけど。このためにどれだけ我慢を重ねてきたか……。エンドロールの拍手じゃなくて、オープニングだったのはなぜだろうか。

上機嫌のまま、池谷さんや映画祭スタッフと食事に行く。そこで朗報が! 明日予定されていた『アキレスと亀』が配給会社の都合により上映中止に。そこで『宮城野』を追加上映したいと。明日のことだから告知はほとんど届かない。動員は難しいかもしれない。それでも僕は快諾した。だって後で「世界のキタノを押しのけての追加上映」って冗談半分に威張れるだろうから。


posted by 山崎達璽 at 23:56| フィレンツェ報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『宮城野』上映開始

袴をつけて16:30ぐらいに会場に入る。またまた驚くべきことにいまだに映写技師がフレームを合わせている。その不慣れな様子にイライラが隠せない。映写準備は開場時間になっても続く。
外の様子を聞いたら教会前広場に人があふれているとか。

2009-11-28 (50).JPG「あふれている?」
まさかである。そして、これ以上人が集まると道路にはみ出して危険だから入場させますとのこと。
人がどんどん入ってくる。会場はあっという間に満員。でも、このままじゃ映写が完璧じゃない……。

2009-11-28 (67).JPG予定より30分以上遅れて舞台挨拶があり登壇。

2009-11-28 (93).JPGフィレンツェ大学の鷺山教授の通訳で20分ぐらい話す。今回の映画祭で唯一のゲスト監督ということもあり、観客はとても温かく迎えてくれた。こんなにウケがいいのは初めてかもしれない。
そしていよいよ上映開始。
しかし! スクリーンと映写がずれている。やっぱり!! 暗闇の中、立ち上がって映写BOXに走っていく。映写を止めさせようと窓をガンガン叩く。実行委員長が走ってくる。
「だめだ、映写を止めろ!」
珍しく怒鳴った。映写技師は今止めたら、再開するのに10分掛かると言って、いわゆる逆ギレを始めた。
「止めろ!!」
また怒鳴る。
実行委員長が青ざめている。
「とにかく止めさせてください。10分は僕がしゃべってつなぎます!」
映写機が止まった。
僕には何のプランもない。深呼吸をして、精一杯の笑顔を作った。そしてスクリーンに向かって歩き出す。マイクを受け取って舞台に上がる。ボランティアの日本人男性スタッフが急遽通訳に。漫談でも何でもしてとにかく10分間つなぐしかない。まず舞台から観客に向かってデジカメを向けて写真を撮る。
「これは舞台に上がった僕だけの特権です」
これが意外に観客に受ける。
「監督はどうしても完璧な状態で皆さんに映画をお見せしたいんです!」必死の思いは伝わった。
「現代人の僕は日常的に着物を着ている訳じゃないんです。普段は彼のようにジーンズです。だから足元がスースーして寒くて」と言って、袴の裾をまくって見せた。これがまた大ウケ。人前でこんなことをするのは人生初だと思う。
文字通り漫談をしているうちに映写準備が整う。結果1時間近くの遅れで映写が開始された。


posted by 山崎達璽 at 23:28| フィレンツェ報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上映準備

映写チェックのため昼過ぎに会場に入る。

2009-11-28 (17).JPG1000年近く前に建てられたというサント・ステファノ(S.Stefano)教会が今回の映画祭のメイン会場である。この映画祭の企画、やっぱり尋常じゃない。

2009-11-28 (18).JPGまずは字幕の打ち合わせ。スクリーン下のプロジェクターから台詞に合わせて一つ一つクリックしながらイタリア語字幕を出していく。技師の女性はほとんど徹夜でシミュレートをしてきたとか。本番は日本人学生のボランティアがアシスタントとしてつく。

今度は映写機のチェックを……。ここで驚くべきことが! 35mmの映写機が一台しかない。通常35mmの長編映画は、だいたい20分毎にロールに分けて、2台の映写機を使って交互に映写していく。ここは特設だからそれができないとか。よって前半と後半に分けて、途中でフィルムの掛けかえの休憩が入ってしまうんだそうだ。イタリア人はそれには慣れっこだから心配は要らないというが……。しかもこの映写技師は本当のプロなのだろうか。映写機の扱いに慣れが感じがないし、なんというか映画への愛が伝わってこない。映画愛こそこの映画祭の主軸ではないのか。

とりあえず着物に着替えるためにホテル帰る。そろそろ池谷さんが着く頃だろうか。『宮城野』の美術監督の池谷仙克さんがスペシャル・ゲストだ。
posted by 山崎達璽 at 14:17| フィレンツェ報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。