2009年12月25日

奇蹟を呼ぶ高明さん

image/2009-12-26T16:04:111映画祭の実行委員長の松本高明さんが帰国したので、ランチ・ミーティングに誘う。東中野で3週間ぶりの再会。日本人同士が握手してハグしあってる姿は異様だったろう。寒波に見舞われたヨーロッパでは欠航が相次いでいたそうで、帰国できたのはクリスマスの奇蹟かもしれない。
思えば彼は奇蹟を呼ぶ人だ。僕のフィレンツェ滞在中、天気予報は連日雨マークだった。「イタリア人は雨が降ると外に出ないよ〜」なんて聞いていたから心配をしたが、連日の晴天。雨が降ったのは最後の記念講演の後だった。いやいや、というよりあのとてつもない映画祭が実現したこと自体が奇蹟だ。
もともとアーティストである彼は目一杯の情熱と敬意をもって人にも事にも当たる。そういう人の周りには人が集まり、奇蹟をも呼ぶのだ。全幅の信頼を置ける人というのはそうそういないが、でも何人かは確実にいる。その一人がそんな奇蹟を呼ぶ高明さんである。

画像は映画祭を取り上げたイタリアの現地紙。中央がかの松本高明氏。


posted by 山崎達璽 at 23:06| フィレンツェ報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。