2010年01月21日

新春浅草歌舞伎第一部

新春浅草歌舞伎の第一部を観に行く。先週、愛之助さんが「是非昼にも来てください!」と言っていたように、さすがに『御浜御殿綱豊卿』の出来は素晴らしかった。2007(平成19)年の6月歌舞伎座(仁左衛門・染五郎・秀太郎)が初見なのだが、改めてこの新歌舞伎の緻密さやみなぎるパワーを体感した。

二回目の幕間に楽屋を訪ねる。「おっ、大先生!」と浴衣に着替えた愛之助さん。いつもは「先生」なのだが、今日はなぜか大が。人の往来が激しい楽屋前では少々恥ずかしい。イタリアの新聞に掲載された『宮城野』の評判に愛之助さんが絶賛されていたので、記事のコピーと訳を渡す。ニタッと微笑む表情はいつもの兄ちゃんだ。今度はご飯でも行きましょうと三月の再会を約す。


posted by 山崎達璽 at 21:06| 観劇記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。