2010年02月26日

女子フィギュアに思う

自分のためだとか何だとか格好をつけてる選手は多いが、やはり日の丸を背負って金メダルを取りに行くのがオリンピックだと思う。
だから飽くなき挑戦をし続ける浅田真央の姿勢は素晴らしいし、尊敬に値する。ただ、一にわかファンとしては、浅田×キムの対決にはちょっと疲れたのも本音だ。今日は観ていて痛々しくさえ思った。それに対して鈴木明子には涙した。病気を乗り越え、スケートが出来る喜びに満ちあふれていた。いや、もっともっとスケールの大きな、生への歓喜がほとばしっていた。リンクに立った瞬間から涙が溢れてきた。演技が終わった後の清々しさはどれだけの人々に勇気を与えたか。彼女は金メダル以上だ。


posted by 山崎達璽 at 23:15| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。