2010年03月15日

『花のあと』

『花のあと』を観る。残念ながら映画らしさがまるでない凡作であった。台詞で全部語ってしまったり、フラッシュバックを多用したりととにかく説明過多。映像で語ろうという姿勢が見受けられず薄っぺら。
あくまで好みの問題だが、北川景子は登場カットから「似合わない!」と思ってしまい、それは結局改善されなかった。彼女はものすごく頑張っていたのは事実だが……。國村隼や柄本明、それに亀治郎の登場シーンの手堅さは流石であるが、あとは立ち居振る舞いで精一杯で観ていて冷や冷や。所作指導教室のおさらい会かのように、習いたての動作をノーカットで何度も見せられたら、『アバター』以上に手に汗握ってしまう。台詞で「〜の方(ほう)」を連発していたが、現代語でもおかしいのに時代劇でそりゃないでしょ。


posted by 山崎達璽 at 15:10| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。