2010年09月24日

9.24国辱記念日に思う

那覇地検が尖閣事件の実行犯であるシナ人船長(中共の工作員だとか)の釈放を決定した。そこに政治的圧力はないという。
まったくの笑止千万。日本は天地開闢以来の法治国家であり、三権分立が大前提のはず。なぜに法を破った行為が許されるのか?
皇紀2670(平成22)年9月24日。悲しいかな、国辱記念日である。

私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行ったら「日本」はなくなってしまふのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大國が極東の一角に残るのであろう。それでもいいと思っている人たちと、私は口をきく気にもなれなくなっているのである。

1970(昭和45)年7月7日、サンケイ新聞に掲載された、三島由紀夫のエッセイ『果たし得ていない約束〜私の中の二十五年』の締めくくりである。

三島の遺言とも言うべきこの一節は見事に当たった。まさにその通りになってしまった。その上、現在のこの国は「或る経済的大國」ですらない。もはや悪銭とも言うべきチャイナ・マネーを頼るばかり。つまりは尖閣事件での中共の対応は経済制裁に他ならない。それに屈して、シナ人の汚い違法行為を万国の衆人環視の中で見逃した。この理屈でいけば、交通ルールは守る必要がないし、強姦だって強盗だって殺人だって、何だってし放題だ。
これから中共はどんどん経済制裁をバックに無理難題を突きつけてくるだろう。「靖國のお社を爆破せよ」「ご皇室を廃止せよ」……そんなことだって言い出しかねない。

9.24国辱記念日
沸き上がる憎しみを胸に刻んでおこう。我が日本はいつまで保つのだろう。
誰のせい? 昨夏「まず、政権交代」のフレーズに踊らされて民主党に投票した愚昧の民だ!
posted by 山崎達璽 at 22:32| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

時代劇ワークショップ

image/2010-09-22T17:44:51-1.jpg日本舞踊家の藤間貴雅さんときものコラムニストの栗原貴子さんとやっている「時代劇ワークショップ」が『週刊TVガイド』に取材を受けた。
『宮城野』では振付・所作指導を担当した貴雅先生の「武士の所作」について。
発売は本日9/22。コンビニなどに並んだのは日付が変わったぐらいだろうか。さっそく問い合わせをいただいた。反応があるというのはとても嬉しいです。ありがとうございます。

時代劇ワークショップ、御茶ノ水に開講!
http://tatsujinetinfo.seesaa.net/article/157753133.html

しかし、貴さん、なんだか可愛らしいです。
posted by 山崎達璽 at 09:50| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

あ〜36歳

気づいたら36歳。なんともいえない年齢だ。穏やかに、時として攻撃的挑発的にも生きていきたい。35歳は「僕の我慢がいつか実を結ぶ」ことが少しは出来た。36歳はもっと大きな実がいっぱい実るよう頑張ります!
posted by 山崎達璽 at 01:27| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

黒と赤のエクスタシー

「この夏、黒と赤のエクスタシー」とは、20年前に公開された角川春樹のトンデモ映画『天と地と』のキャッチコピーだ。間近に迫った民主党の代表選も、ある意味、黒(小沢氏)と赤(菅氏)のエクスタシーかもしれない(苦笑)。
対米是々非々・嫌中の保守派の僕としては、そもそも民主党への支持は皆無だし、どっちも代表にも総理にもなって欲しくない。でも議会制民主主義である以上、この政権与党の代表選で一国の総理が決まってしまうのはどうしようもない。
どうせなら小沢氏になってもらいたい。政界をめちゃくちゃにして再々編へとなだれ込むのが、この国の有り様を改善する荒療治なのかも……と思っていたが、今朝の産経新聞をみて、いや、小沢氏ではダメと痛感。「女性天皇容認」「靖國分祀」を掲げているからにほかならない。そもそも女性天皇と女系天皇の混同も甚だしいし、分祀なんて神道ではそんな概念がない。男系の皇統を保守すること、英霊に誠を尽くすことはこの国の根幹。それを蔑ろにするなんて許せまい。
……とは言いつつ、菅氏も赤に牛耳られてるので……。
posted by 山崎達璽 at 08:38| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

似合わない

よく言われる山崎達璽が似合わないもの。
海、自転車、そして夏。
その似合わない夏がなかなか終わってくれない。9月に入ったというのにまだまだ酷暑が続くという。
僕の夏の基本スタイルはTシャツに半袖シャツを羽織る。屋外はTシャツだが、電車や劇場などは冷房が効き過ぎているので、半袖シャツが必須。例年これで、よほどの日だけポロシャツを着ていた。それが今年はここ1ヶ月以上ポロシャツしか着ていない。4枚ほどをヘビーローテーション。
ポロシャツといえば夏の象徴のようなもの。当然、似合うわけがない。早く長袖白シャツか単衣の着物が着られるようになってくれないか。
posted by 山崎達璽 at 10:51| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

1994(平成6)年夏

19940824.jpg観測史上最高気温を記録した今年。まさに酷暑。これまでの最高気温は1994(平成6)年だった。例によって感傷にふけってしまうが、あの暑い夏のことは忘れられない。
1年間の浪人生活を経て日芸に合格。上京して最初の年だ。僕は早く映画を撮りたい気持ちが抑えられず、授業とは別に映画サークルをつくった。その名も「頗(すこぶ)る非常」。日本映画史の授業で、先生が口にしていたのが妙に印象的で、それをいただいた。通称「すこじょう」。あまり深い意味はない。
その第1回作品をあの夏、夏休みほぼ1ヶ月を費やして撮影していたのだ。5人の監督によるオムニバス作品『五色の夏』。同世代の男女が主人公になっているので、撮影は所沢の大学構内、サークルメンバーの家、そこらへんの道や公園など。連日連夜、ガリガリ、真っ黒になって撮影を続けた。
そこには現在はアナウンサーとして活躍する小口絵理子、絵本作家の松本えつを、脚本家の荒井修子なんかがいた。
お金儲けや嫌らしい出世欲、名誉欲とは全く無縁。ただ無欲・無心でカメラを回し続けた。たぶんこんな純粋な映画作りはもう出来ないと思う。かけがえのない、まさに青春の一ページ。僕の映画作りの原点がそこにあったと思う。

posted by 山崎達璽 at 00:21| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

西友

最近、西友の位置づけがすっかり変わってしまった。整然とした激安スーパーとでも言おうか。CMだってB級のノリ。
小学生の頃、名古屋の実家の近所に西友が出来た。商店や市場をどんどん駆逐する、まさに外来種だった。当時は西武ライオンズ黄金期。秋口になると、ライオンズの応援歌が鳴り響き、小学生の口からも「西武が優勝すれば西友が安くなる」なんて言葉が聞かれた。
大学で上京して西武線沿線に住んだ。やはり西友はお高くとまったスーパーマーケットとして君臨していた……。
それが今ではただの激安スーパーに。落ちぶれたと見るか、方針転換の成功例と見るか。
posted by 山崎達璽 at 07:51| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

『宮城野<ディレクターズカット版>』京都・新京極シネラリーベIIにて上映

第9回・新京極映画祭 「夢・Dreams」特集上映ウイーク
『宮城野<ディレクターズカット版>』関西御目見得上映

『宮城野<ディレクターズカット版>』が新京極映画祭からご招待をいただき、京都・新京極シネラリーベIIで上映されることになりました。昨年末にフィレンツェでワールド・プレミア上映され、名古屋で好評を博した<ディレクターズカット版>、いよいよ関西御目見得となります! 是非ご来場下さい!!

○日時
10/15(金)・16(土) 13:00〜の1回上映
※両日とも上映終了後に監督舞台挨拶予定

○会場
新京極シネラリーベII <座席数:95>
「阪急・河原町」9番出口徒歩10分
「京阪・三条」6番出口徒歩15分
「地下鉄・京都市役所前」5番出口徒歩10分
〒604-8047 京都市中京区新京極通六角下ル 72ビル地下1F 地図はこちら
TEL: 075-221-2744
http://www.cinell.net/

○料金
前売800円/当日一般1,200円/当日シニア学生1,000円
※全席自由席・入替制
※前売券はチケットぴあ(9/4〜10/14)・新京極シネラリーベ・京都シネマほか(9/1〜10/14)にて
※山崎達璽事務所での前売券の取り扱いはありません

○問い合わせ
新京極商店街振興組合
〒604-8046
京都市中京区新京極通蛸薬師下る東側町507 れんげビル3F
TEL: 075-223-2426(月〜金 10:00〜17:00)
FAX: 075-211-1300
E-mail: office@shinkyogoku.or.jp
映画祭公式サイト http://www.shinkyogoku.or.jp/event/mfesta10.html
posted by 山崎達璽 at 15:16| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

『寅さんから学んだ大切なこと』


寅さんから学んだ大切なこと (Nanaブックス)

寅さんから学んだ大切なこと (Nanaブックス)

  • 作者: 皆川一
  • 出版社/メーカー: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
  • 発売日: 2010/08/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



『寅さんから学んだ大切なこと』(Nanaブックス刊)という渥美清さんの名言集の製作に協力させていただきました。僕の大好きな『男はつらいよ』にまつわる一冊。是非ご一読を!
posted by 山崎達璽 at 23:08| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。