2010年09月09日

黒と赤のエクスタシー

「この夏、黒と赤のエクスタシー」とは、20年前に公開された角川春樹のトンデモ映画『天と地と』のキャッチコピーだ。間近に迫った民主党の代表選も、ある意味、黒(小沢氏)と赤(菅氏)のエクスタシーかもしれない(苦笑)。
対米是々非々・嫌中の保守派の僕としては、そもそも民主党への支持は皆無だし、どっちも代表にも総理にもなって欲しくない。でも議会制民主主義である以上、この政権与党の代表選で一国の総理が決まってしまうのはどうしようもない。
どうせなら小沢氏になってもらいたい。政界をめちゃくちゃにして再々編へとなだれ込むのが、この国の有り様を改善する荒療治なのかも……と思っていたが、今朝の産経新聞をみて、いや、小沢氏ではダメと痛感。「女性天皇容認」「靖國分祀」を掲げているからにほかならない。そもそも女性天皇と女系天皇の混同も甚だしいし、分祀なんて神道ではそんな概念がない。男系の皇統を保守すること、英霊に誠を尽くすことはこの国の根幹。それを蔑ろにするなんて許せまい。
……とは言いつつ、菅氏も赤に牛耳られてるので……。


posted by 山崎達璽 at 08:38| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。