2010年10月05日

団塊世代以上は殺虫剤が好き

朝起きたらトイレに蟻がいっぱいいた。そういえば昨年もこの時期にそんなことがあった。急ぎ「アリの巣コロリ」を買ってきた。蟻が容器の中の餌を巣に持ち帰り、一族郎党絶滅させる最終兵器だ。
僕はスプレータイプの殺虫剤が嫌いだ。だって太古の昔から地球に住む昆虫を殺してしまうのだから、その殺傷力たるや半端じゃない。それをスプレーすると言うことは、人間も同時に吸っているのだ。そんなの体にいいはずがない。
思うに僕らの親の世代、いわゆる団塊より前の世代は殺虫剤が好きだ。やたらにスプレーしたがる。戦後の高度成長期は自然を征服するのが復興の証であり、富の象徴であり、美徳であったのだろう。殺虫剤好きとは象徴的行為だ。
対して、僕らは自然と共存するのが美徳。やがては自然を保護するのが美徳となり、いつかは自然に征服されてしまうのだ。


posted by 山崎達璽 at 14:24| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。