2010年11月16日

『ゴースト もういちど抱きしめたい』

楽しみにしていた『ゴースト もういちど抱きしめたい』を観る。
公開直後とあって、平日の昼間なのに結構な混雑。ほとんどは韓流好きであろうおばはんたち。しかし、あの人たちはすごい。予告編中からべちゃくちゃしゃべり、本編が始まってもひそひそしゃべる。茶の間でテレビを観る感覚だ。クライマックスのほのかなラブシーンでは身を乗り出して、終盤に向かってはハンカチで涙をぬぐう。本能の赴くままだ。映画興行はおばはんたちに支えられているといっていい。
オリジナルの『ゴースト/ニューヨークの幻』が公開されたのは1990(平成2)年。高校1年の冬、当時の彼女との初デートでこの映画を観た。まだまだ純粋なヤングだった僕はボロボロ感動し、ろくろのシーンの妙なエロティックさに照れていた気がする。それはさておき……。
このアジア版リメイクは、まあ予想通りの出来だった。が、樹木希林さんは期待以上。ウーピー・ゴールドバーグをはるかに凌ぐ好演・怪演。久々に爆笑してしまった。希林さんは例によって必要以上に熱くならないし、はしゃがない。湿っぽくならないし、終始どことなく気品を漂わせる。さすがである。
で、作品についてだが……。主人公の二人がなぜ惹かれあったのか、そこが弱い。もう少しそこを丁寧に描いて欲しかったと思う。が、どうかなあ、恋はするものじゃなくて落ちるものだから、それでもいいのか。あと、心理描写が単純すぎる。ハラがない。日本人はあんなに直情的に動かないと思うのだが、そこはアジア市場を見込んでのことだろうか。
ろくろのシーンはもって行き方にに無理があったが、まああれは一つの様式美だ。ラストで死んだ相手の思いを馳せながら一人でろくろを回すのは、溝口健二の『雨月物語』へのオマージュなのだろうか。
鈴木砂羽がなんだかムチムチしててすごくよかったなあ。
posted by 山崎達璽 at 16:57| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

不眠症克服!

image/2010-11-12T08:29:43-1.jpg皆々様のおかげをもちまして、すっかり不眠症を克服しました。もう1ヶ月以上導入剤を飲んでいないです。いろいろとありがとうございました。

最近ハマっているのがこれ。知り合いの女優さんに差し入れにもらったのだが、いやぁいいです。快眠です。今朝なんてあまりの熟睡っぷりで、年に一度あるなしやの二度寝をしてしまいました。
posted by 山崎達璽 at 08:30| 健康おたく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

『トイレの神様』

遅ればせながら、植村花菜の『トイレの神様』は名曲だ。泣きそうになってしまうので、なかなか電車では聴けない。

僕には3人のおばあちゃんがいる。まずは父方と母方。この二人は健在だ。
そして2000年に享年100で亡くなった母方の曾祖母。僕にとっておばあちゃんというとまず浮かぶのはこのおおきいおばあちゃんだ。長唄が好きで、晩年までタバコをふかしていた小粋な人。『勧進帳』は幸四郎がいいとよく言っていた。

おばあちゃんはいつも全肯定だ。それにいつも無償の愛を注いでくれた。
posted by 山崎達璽 at 11:52| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

久々の映画

今日は久々に映画を観た。午前中に観るのはどんな映画であってもちとつらい。

9月以降に観た映画は以下の通り。

・ハナミズキ
・キャタピラー
・カラフル
・悪人
・十三人の刺客
・大奥
・リプレイガールズ
・桜田門外ノ変

今年観た中で、ご老体の監督の新作が3本あった。確かに芝居に対する演出力はさすがと思ったが、正直作りのセンスが古いと思った。特に感じるのは音楽とズームの多用だ。どうしてもこの2点だけは現代的感覚が必要なのだろう。
posted by 山崎達璽 at 15:07| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

野球は素晴らしい!

残念ながら我が中日ドラゴンズ、日本一は飾れなかった。
悔しいけど、どこか清々しいです。だって8月の下旬ぐらいから、11月のこんなに寒くなってトレンチコートを着る時期まで、毎日を心底楽しませてくれたんだもの。痛快な日々とはまさにこのこと。スーパースター選手がいるわけではなく、一途に真摯に野球に向かう選手のその姿勢。改めて野球は素晴らしいって思い知らせてくれた。

千葉ロッテ、おめでとう。
ツイッターではさんざんガム屋なんて言ってごめんなさい。史上最大の下克上、確かに素晴らしかった。敵ながら天晴れ。やはり野球に対する真摯な姿勢がよかった。

勝負は時の運。勝利の女神も野球の神様も気まぐれ。でも、神様やるね。おかげさまで野球って面白いって再認識したファンは多いはず。

落合監督、ありがとう。和田、浅尾、高橋……夢をありがとう!!
posted by 山崎達璽 at 23:38| 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

写楽の「宮城野」

『宮城野<ディレクターズカット版>』の最後は、「写楽の大首絵の一枚に、女形・中山富三郎扮するところの『宮城野』という役者絵がある」という字幕に続き、この役者絵「宮城野」の映像で終わる。

本作では2枚の「宮城野」が登場する。
・女形・中山富三郎扮するところの木版役者絵・宮城野(東洲斎写楽・画)
・女優・毬谷友子扮するところの肉筆美人絵・宮城野(歌川国政・画)

矢太郎はもともと美人絵を目指していた。しかも大量印刷される木版画ではなく、一枚しか存在しない肉筆美人絵。しかし、孤高のアートでは食えないので、写楽の描く、庶民の娯楽として量産される木版役者絵を描いている。当初は似物(にせもの)だったのがやがて本物となり……。

そんな「女形・中山富三郎扮するところの木版役者絵・宮城野」が展示されるという。
・「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎展」サントリー美術館2010/11/3〜12/19
・「ボストン美術館 浮世絵名品展」名古屋ボストン美術館2010/10/9〜2011/1/30、山種美術館2/26〜4/17

これは必見!
posted by 山崎達璽 at 16:49| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。