2012年03月11日

‎3.11を迎えて思うこと

2012-03-06 10.51.28.jpg東宝の特撮映画の(ドラマパートの)監督として、また黒澤映画の​演出補として知られる本多猪四郎(ほんだいしろう)監督。本多・​黒澤両氏の有名なエピソードとして次のようなものがある(ウィキ​ペディアより)。

(『ゴジラ』(54)の)警察官が避難民の交通整理をしているシ​ーンに対して黒澤が「おかしいよ。本当ならあんなところで交通整​理せずに逃げちゃうだろう」と言ったが、それに対して(本多は)​「警官はああでなきゃいけないんだ」と答えたという。

未曾有の震災を経験して、このエピソードは黒澤氏の負けかもしれ​ない。被災地での警察官は逃げることなく避難民の交通整理をして​いたと聞く。警察官に限った事ではなく、逃げることなく職務を全​うしようと命を落とした人々は数知れないだろう。

つまるところ、僕らの命も財産も守ってくれるのは軍事(=国防、​防衛、自衛)力なのだと痛切に思う。

「いざという時に本当に米軍は助けてくれるのか?」
ずっと日米同盟には懐疑的だった。でも、米軍はいち早く全力で助​けてくれた。その規模24500人。トモダチ作戦が展開されなか​ったら我が国は壊滅していたのではないか。

そして、我らが自衛隊。人を傷つけた数より助けた数の方がはるか​に多い世界で唯一の武装集団を僕らは誇りに思わなければならない​。

何度も報じられたが、台湾からの義援金は200億に上るという。​しかもそのほとんどが民間から。確かに金額の問題ではないが、心​ある隣人は台湾だということを僕らは忘れてはならない。

今日、天皇陛下は追悼式にご出席になるという。「ご無理なさらな​いように」と僕らは思うが、陛下のお覚悟は尋常じゃない。希代の​名君を戴くことに心からの感謝をしなければならない。
posted by 山崎達璽 at 00:43| 保守派 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。