2012年07月29日

久方振り、「猿之助」の七月

2012-07-29 07.26.32.jpg七月の歌舞伎も中日を過ぎて、筋書きに舞台写真が入った頃。
開場時間のだいぶ前に東銀座に着く。
歌舞伎座はす向かいの「辨松」で赤飯弁当の一番安いのと冷たいお​茶を買う。
開場と同時に劇場に入り、さっそく舞台写真を選んで、一緒に筋書​きを買う。
三階席で「市川猿之助」と名のつく歌舞伎俳優の舞台を楽しむ。心​から楽しむ。

大学入学で上京してから2003(平成15)年まで、毎年七月はそんな過ご​し方をしてました。気付いたら、久々にそんな七月です。六月・七月の初日ばっかりは分不相応なお席で観ちゃいましたが(^_^)​v
昨夜も(猿翁さんの)久吉公は無事ご出馬されたそうです。いよいよ今日は千穐楽。これぞまさに大楽。久方振りの昼夜通し。「猿之助の七月」の大詰、しかとこの目に焼き付けてきます。




posted by 山崎達璽 at 07:36| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。