2013年03月22日

久々のフィルム(35mmプリント)上映

舞台や映画を観るとき、どうにもぼやけてしょうがないので、昨年の夏から眼鏡男子になりました。
ただ、それ以外の生活ではまったく必要としていないので、掛けてるとすごく疲れます。
観終わると、目も肩も痛くなり、頭痛もします。

今日の映画館、そんな疲れがあまり出ませんでした。
というのも、久々のフィルム(35mmプリント)上映だったのです。
すっかりDLPのデジタル上映に慣れていたので、最初はちょっと違和感を感じました。
フィルムはパーフォレーションを引っ掻くので、よく観ると常時画面が微かに揺れています。
画面上にパラと言われるホコリや傷も出るし、約20分ごとにロールチェンジがあるので右上に白いパンチが出ます。
安定した美しさがあるかと言われたら、現代では否定的は意見が多いでしょう。
でも、フィルムで育った人間としては、“ああ、懐かしい”とまではいきませんが、しだいに安堵感に変わっていくのです。

そう、それで、約2時間後、客電がついても、あの疲労感はさほどないのです。
科学的にも医学的にも説明する知識は持ち合わせていませんが、きっとアナログだったからだと思います……。

日本の未来のために……
いいか、少年たち、
エロサイトではなくエロ本を観よう!


posted by 山崎達璽 at 21:05| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

BOØWY 1224(劇場上映)を観てきました

2013-03-21 12.47.13.jpg我が青春のBOØWYの解散宣言が行われた、1987(昭和62)年12月24日の渋公ライヴが劇場上映されるということで、いそいそと先行上映の第1回目に行って来ました。
TOHOシネマズ川崎は150人中10人ぐらいでしたでしょうか、ちょっと肩透かしを食らった感じでした。
まあ、もう四半世紀前の話ですから……アラフォー独特の世界なのでしょう。
しかも、この映像は2001(平成13)年12月24日にDVDリリースされているので、いまさら幻でも何でもなく、ただ“劇場で観られる”、その一点だけなんですよね。
アラフォーを食い物にするレコード会社の商売にまんまとはまったヤツがここにいます(-_-)

でも、良かったなあ。いいものは何度観てもいい(^^)
BOØWYのライヴ映像は数々リリースされていますが、やはりこの『1224』がベストだと思います!
これは断言できますね。
メンバーの演奏のテクニックがいかに卓越してるかも分かるし、それを含めたライヴ・パフォーマンスが圧巻。

さて、まずはテクニカルなお話。
地上波のデジタル化に伴い、今、僕らの目には16:9のワイドサイズが標準になりましたが、本作はスタンダード(4:3)。
さすがにこれはどうしようもありません。
撮影はフィルムとは言えども16mm。16mmにはスタンダードしかないんです。
もちろんフィルム本来の独特の風合いは存分に味わえました。
そして、16mmは1ロールが約11分。11分ごとにロールチェンジをしなくてはいけません。
常にその緊張感と闘いながらの撮影になります。
音は割と長く録れるので、この作品の編集は“音ありき”になります。
撮影は5台のカメラを回していたそうですが、それでもやはりカメラを回せていない“空白”が出てしまっています。
普通、そういう場合は似た画を代わりにはめたりしてごまかすんですが、本作ではそれをやっていません。
白味になったり黒味になったり、『ONLY YOU』の途中なんて40秒近く飛んでしまいます。
そこらへんの潔さがまたいい!
昨今の撮影現場では「編集で何とかしよう」「CGで」「合成して」とかすぐにぬかすヤツが多くて、そのたびに虫酸が走っているので、この潔さはストレス解消になりました。

一方、音については、“今回の公開の為だけに、フルチューンされた5.1chサラウンド”だそうですが、これはほとんど代わり映えしなかったですね。
歓声とか拍手は5.1chっぽさが出ていますが、曲は全然……。
ヴォーカルに至ってはいかにもデジタルで、名古屋弁で言う“とっきんとっきん”な感じ。

今度は演出的なお話。
僕らは本作を観るとき、“解散を宣言する”と分かっていて観始めます。
だから、冒頭からその伏線らしき瞬間をいろいろと感じます。
合間合間の表情、MCの内容など。アンコールの『MEMORY』『ONLY YOU』なんて顕著です。
あとに解散宣言があるからこうなるんだと思うと、とても腑に落ちるんですね。
とても演出の勉強になりますよ。

それから、終盤のアンコール前の『NO.NEW YORK』の途中では、突然、渋公前に集まった群衆の映像が映し出されます。
それを機に、メンバーの演奏、会場内の観客、会場外の群衆の3つの映像を中心にカットバック(同時進行)していくんです。
つまり、いきなり群衆の映像が入ってきた瞬間から、本作はライヴビデオからドキュメンタリーへと昇華していくんですね。
このタイミングと構成が実に素晴らしい。非常に優れた編集です。


……と、長々と書いてしまいましたが、DVDを持っていても、これは是非劇場で堪能して欲しいですね!

posted by 山崎達璽 at 18:46| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

デビュー作『夢二人形』15周年

2013-03-08 12.08.08.jpg先週、専門学校の今年度最後の講義だったので、僕のデビュー作『夢二人形』を学生に観せました。
完成してから数年は、大学の卒業制作をいかに“作品”として見せるかに必死でしたが、今となっては“思い出のアルバム”みたいなもので、甘酸っぱい懐かしさに浸れます。
当時は23歳。青臭いなりに、恋愛や人生を語ってみたり……。
我ながら、よくもまあこんなに生意気な映画を作ったものだと褒めてみたり(^^;)

ふと気付けば、完成したのは1998(平成10)年の今ごろ。
学内の審査員には鬼籍に入られた先生方もだいぶいます。
もう15年の時が流れていたんですね。
20代から30代への15年間ですから、そりゃいろんなことがありましたよ(^^)

作品を最初に評価してくれたのは水野晴郎さん。
続いてフランスの新人映画祭で評判を呼び、翌1999年のカンヌ映画祭の新人部門にノミネート。
その後は韓国やイタリアの映画祭に招待されたほか、国内の映画祭やイベントにもいっぱい呼んでもらいました。

作品に携わったメンバーからも多くのタレントを輩出しています。
元ニッポン放送アナウンサーの小口絵理子、国内外のクラブシーンで人気を博す野崎良太(Jazztronik)、桜塚やっくんも忘れてはいけませんね(^_^;)
そのほか、様々なジャンルでみなさんご活躍です。

画像は作品の最初と最新の形態。
撮影は16mm白黒フィルムで、完成もやはり16mm白黒フィルム。
(上映プリントは何本かありますが、これはまさにカンヌ上映版!)
その後デジタル上で手を加えて2004(平成16)年にDVD発売しました。
今でもAmazonなんかで買えますので、是非に〜!





posted by 山崎達璽 at 12:54| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。