2008年06月30日

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

昼過ぎに打ち合わせが終わったので、期待に胸ときめかせて、テーマ曲を口ずさみながら『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観る。
いやはや。ガキの頃のあの胸躍る思いはどこへやら。文字通り老骨に鞭打って頑張るインディにはエールを送り続けたが、何だか終始白けた。イヤな大人になり果ててしまったからか。冒険アドベンチャーに慣れっこになってしまったからか。それともインドでインディばりの冒険旅行をしてきたからか……。
まんま『未知との遭遇』のクライマックスはなんだ〜! 考古学ロマンの謎解きを宇宙人でやってしまったら元も子もなし。
ケイト・ブランシェットが魅力的じゃなかったら最低映画の烙印を押してた。今年のラズベリー賞は確実かと。


posted by 山崎達璽 at 16:20| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。