2008年07月16日

きもの用バッグ

20080716231153.jpg日々積極的に浴衣を着ようと思ったものの、さてバッグはどうすればいいのか? お祭りなら巾着みたいなのをぶら下げていてもいいが、仕事半分遊び半分の日常を送る僕にとってさすがにそれはまずい。だいいちものが入らない。
風呂敷? これは多種多様なものを複数の目的地に持ち歩くには今ひとつ。
山喜屋さんに相談したら、確かに男性用は難しい。トートバッグがいいのではと。
なるほど〜。さすがだ。
さっそく「男きもの化計画」本部長に見立ててもらったのが写真のものである。「帆布工房」のネット通販でかなりの格安。簡素な作りがきものに合う。しかも持ちやすい。
電車の床には直に置かないぞ〜。


posted by 山崎達璽 at 22:05| 男きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。