2008年10月31日

映画祭へ

荷物がすごいことに……着物一式を持って行くにはスーツケースが必要。数日の国内旅行なのに、これじゃ海外旅行の規模だ。
酒井クンと待ち合わせて14:00発のあずさに乗る。楽しみに行こうといいつつ二人ともどことなく落ち着かない。映画祭はいつもこうだ。
16:00に茅野駅に到着。事務局の方が出迎えに来てくれた。4年前もそうだったが、熱烈歓迎に小躍りしそうだ。
ホテルにチェックインして荷を解く。着物のしわが心配だったが問題なし。いざ着付けようと思ったが、ビジネスホテルの造りはどうにもやりにくい。いつもより時間を要した上、どうにもキマらなかったが、時間なので出発。
18:00ちょい前に新星劇場に到着。そりゃ羽織姿は目立つ。あんまりふらふらしてては美しくないので、小さな控え室に入る。そこで司会の八幡かおりさんと打ち合わせ。あれ?このままここで2時間半待たなきゃいけないのかぁ。まだまだ不慣れな僕は着物で座ったままはものすごく疲れる。そして木綿の単衣は立ったり座ったりするとかなり着崩れる。
窓から覗き見ていると、関係者や長野在住の知人の姿がチラホラ。上映30分前を切って集客は大丈夫か〜……。金曜の夜、過度な期待は出来ないが、やはり多くの人に観てもらいたい。


posted by 山崎達璽 at 18:25| 映画『宮城野』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。