2008年11月27日

池谷さんちの書斎兼バー

20081127230723.jpg美術監督の池谷仙克さんのお宅に呼ばれた。昨年の撮影中に、自宅の離れに書斎兼バーを作ったから是非遊びに来てくれと誘われていた。敬愛する池谷さんから誘われるなんて、こんな光栄なことはない。今日の日をずっと楽しみにしていた。

池谷さんの存在を知ったのは中学1年の時である。ちょっと背伸びをして『帝都物語』を観た僕はとてつもない衝撃を受けた。なんだ、この美術は。それこそ様式美に目覚めた瞬間だと言ってもいい。以来、いつか池谷さんに美術をやってもらいたいと思い続けた。
それから約20年、ついにその夢が叶ったのが『宮城野』である。

書斎とは男のロマンだ。本は所有して並べておくことに意味があるのだ。そこに入ればその人のすべてが分かる。池谷さんの書斎に呼ばれて、そこでお酒を作ってもらい、手料理を頂く。恋愛で言うならばこれは“寝た”に等しい。いやそれ以上だ。だって6時間も時間を共有したんだもの。
池谷さんは尊大なところがない。仕事中でも今日のようなリラックスした場でも絶対「監督」と呼び敬語で話してくれる(父親よりも年上なのに……と恐縮しっぱなし)。ふっと映画仲間と飲んでるような錯覚に陥る。池谷さんの眼はキラキラと輝いていて、学生時代の僕らのそれと同じだ。
それにどこまでも色っぽい。若い頃にちょっと背伸びをすることは男のダンディズムだと。確かにダンディーでもある。また、芸術的感性は突き詰めればフェミニンなものに至るとも。そんな匂いも含めて、やはり色っぽいというのが一番似合う人だ。

今日は映画の話から恋愛論、文化論、政治論など多岐にわたる話をした。ほかに『帝都物語』のスケッチにはしゃいだり。これまた監督冥利に尽きる一夜だった。


posted by 山崎達璽 at 23:55| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。