2009年10月25日

まるさん

母校の校友会から会報が届いた。訃報欄を見てびっくり。恩師の丸山博先生が亡くなった。
僕が卒業した映画学科監督コースのいわば主幹授業を「映画演出」といい、ここで映画演出術を習う。一年次の担当はその丸山先生と中山先生だった。名古屋の映画少年が監督への第一歩を踏み出した、その一歩を手取り足取り教えてくれたのがこの二人だ。丸山先生、通称まるさんはベテラン中のベテラン。野球で言えばノムさんみたいな感じか。中山先生は現役の演出部で、40代だったろうか。小生意気で無駄に熱っ苦しい僕らをホントに親身になって懇切丁寧に教えてくれた。
あれから15年あまり、二人とも鬼籍に入ってしまった。中山先生は僕が大学院の時に急死、そして今度はまるさんが。ただただ寂しい。寂しく寂しくて泣けてくる。まるさん、ありがとうごさいました。面と向かって「まるさん」って呼びたかったです。


posted by 山崎達璽 at 21:29| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。