2009年11月02日

『This Is It』

『This Is It』を観る。
対米是々非々保守派とはいいつつも、しょせん僕はミーハーだ。中学の頃はマイケル・ジャクソンの『スリラー』や『BAD』を普及し始めのCDで聴きまくっていた。だからマイケルの死はショックだった。
リハーサル記録を中心にまとめ上げたこの作品はなかなかの名作だった。そりゃ僕らの抱くマイケル像を損なうことがないように慎重に取捨選択がなされているはずだが、それでもやはりマイケルは偉大だ。
マイケルはイヤホンを付けた状態で歌うのに慣れていなかった。返し(モニターの音)が大きすぎて歌えないとリハーサルを中断。現場に緊張が走る。マイケルは明らかに怒っていた。でも彼の口から出た言葉は「怒ってないよ。これはloveなんだ」。スタッフに対するlove、音楽に対するlove、まだ見ぬ観客へのlove……loveの一言にすべてが込められていて現場が和む。そしてもっともっといいものを作ろうというエネルギーが生まれる。素晴らしい瞬間だ。厳しくてつらいこともいっぱいあるけど、ものづくりは本当に楽しくて素晴らしいことだ。そんな空気感を観る者に心地よく体感させてくれる。
マイケルのファン、音楽ファンだけでなく、ものづくりに携わる人には是非観てもらいたい一作だ。


posted by 山崎達璽 at 21:42| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。