2009年11月02日

『悪夢のエレベーター』

佐津川愛美さんが出てるということだけで何の予備知識もなく『悪夢のエレベーター』を観る。
かなりダークだがなかなか面白かった。物語の視点が誰にあるのかが今一つ分かりにくく、そこらへんのバランスの悪さはちょっと気になったが……。相変わらず佐津川さんは輝いてたなぁ。


posted by 山崎達璽 at 22:49| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。