2010年01月31日

朝の検証

先日みんなで鍋をつつきながら朝の時間について論議になった。起床してから出発までどれだけ時間をみるか、また掛かるか。
どうやら僕の周囲では時間が多いか少ないかのどちらかのようだ。最少時間は日本在住のイタリア人のイザベラで、5分未満だそうだ。もちろんイタリア人だからということはまったく関係ない。
そして一番時間を要しているのは諸条件を鑑みると僕だ。最低1時間半は必要。前夜就寝が遅くなっても睡眠時間を削って確保する。これは15年以上変わっていないので、長いつきあいのある人にはよく認知されている。

さっそく検証してみよう。一部にお下劣な表現があることをご了承いただきたい。

00:00
起床。ここで寝起きが異常なまでにいいのが特徴。朝が弱い人に言わせると殺されるんじゃないかと思うほどの迷惑なハイテンションだとか。目覚ましのカチッという音がする前に止めるのが勝負。年間の勝率は9割以上。ポイントは電池とソーラーパワーを併用してる電波時計。これは最強の目覚ましである。電池が切れることはないし、時刻が狂うこともない。こいつをギャフンと言わせるのだ!
すぐにおしっこをして新聞を取りに行く。

00:01
コーヒーメーカーをセットし、『めざましテレビ』か『とくダネ!』を観ながら、産経新聞に目を通す。ポイントはざっと読むことである。後述するが、後でどこを重点的に読むかの優先順位を決めるのだ。テレビ欄についてはここできちんとチェック。観たいものがあればすぐさま録画予約。

00:15
引き続きテレビを観ながら朝食。ご飯だろうとパンだろうとシメは入れ立てのコーヒー。これがポイント。理由は後述。日によってはiPodを更新。

00:35
電動歯ブラシで丹念に歯磨き。最後は手動で舌を擦る。ここでおえっとなるのがポイント。週に一度は眉毛のお手入れと顔剃りも。

00:40
新聞を手にしてトイレに入る。ここから最大のクライマックスを迎える。先ほど決めた優先順位に従って産経新聞を熟読する。ご皇室の記事には清々しい気持ちになり、愛国心を煽る記事には熱くなり、左翼批判に怒りを顕わにする。つまり新聞を読みながら喜怒哀楽を感じ、感性を研ぎ澄まし、己を鼓舞するのだ。
そして先述のコーヒーがここで効いてくる。うんこの出が良くなる。だいたい僕はうんこったれだからここでひねり出しておかないと夜まで保たない(夜は夜でまたする)。

01:00
シャワーを浴びる。洗顔はしっかり、頭はお湯で流すだけ。ひげ剃りも。

01:15
ドライヤーをかけてからTシャツを着る。秋冬はトレーナーやセーターを着る。その後、ワックスで髪をセット。その他の衣類を着る。香水をつける。

01:28
おしっこをする。

01:30
いよいよ出発。

以上は最低所要時間であって、寒がり故に冬場はプラス5〜20分である。


posted by 山崎達璽 at 09:11| 筆のすさび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。