2010年02月09日

『おとうと』

『おとうと』を観る。
一つ一つの台詞をとても大切にしてストーリーを紡いでいくのは、さすが山田洋次監督である。高齢者がじんわりと楽しめる映画。松竹本流・山田本流といったところだ。派手さはないが、得も言われぬ味わいを出すラストは秀逸。


posted by 山崎達璽 at 18:15| 映画レヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。