2010年02月19日

橋本國彦『交響曲第1番ニ調』

image/2010-02-21T13:54:551建国記念の日に書いた、橋本國彦の皇紀2600年奉祝曲『交響曲第1番ニ調』のCDが届いた。沼尻竜典の指揮で東京都交響楽団の演奏。世界初収録とのことだ。
僕は交響楽を聴くことはそうそうない。別に興味がないとか嫌いとかそういうものではない。ただなんとなく今の趣味に入っていないだけだ。PCで再生しかけたが、デルのおまけのスピーカーじゃあろくな音が出なくてダメ。久々にコンポで再生する。音が小さい。ボリュームをかなり上げる。
46分32秒の間、とにかく圧倒された。終盤、第8楽章からフーガが特にすごい。鳥肌が立った。音楽については何の知識も持ち合わせていないが、日本人のオリジナリティが詰まった交響楽だと思った。1940(昭和15)年という時代にこんな曲が作られていたとは。


posted by 山崎達璽 at 13:53| 蒐集癖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。